So-net無料ブログ作成
検索選択

ひらがな適齢期って? [こどもモノがたり]

いやー、おかげさまで、ひとまず長男の病状は落ち着いた模様です。
皆様ご心配をおかけしました♪

とはいえ、次男への感染があるかどうかは、まだわかんないけど、とりあえずほっとしています。

しかし、前の記事のコメントにも書きましたが、タミフル関係の報道と実際の効果や症状、必要性などについては、本当に副作用が出たケースと、それ以外のケース(インフルエンザそのものによるおかしな症状、また、タミフルへの不安感によりインフルエンザの症状が副作用としてとらえられる、とか)が、混在してそうだなぁという気がしました。

情報が多い時代。
報道、書物、インターネット、経験談、うわさ話・・・。
一つの物事について、いろんな情報が飛び交っていますよね。

「本当」の情報がどれなのか、専門家ではない者には分からないから、そのことがまた不安を産む。

とりあえず、自分のブログがその不安をあおり立てるようなものにならないように気をつけなければ・・・。
(ということで、前記事は少し修正させていただきました☆)

さて、今日は話題は変わって、教育ネタを書いてみようと思います。

今年のお正月、長男は初めて書き初め?で、新聞紙に鉛筆で自分の名前を書いたんです。
ちょっと思いつきで遊びながらやってたんだけど、ママの見本を見ながら、「書けた!」って。
これまで彼は文字の読み書きをやったことは全然なくて、正真正銘はじめてのひらがなデビューだったわけ。
思わず嬉しくて携帯で撮影して、パパやおばあちゃんにメールしちゃったママなのです。

最近、しまじろうのDMやら、幼児雑誌やらを見ていると、どうも、長男は「ひらがな」のお勉強を開始するのにうってつけの時期!ということなんですよね。

で、少し考えたのですが、本当に4歳児がひらがな適齢期なんだろうか?
だって、うちの長男見ていても、その気配が全然ない。

彼は、本を読んでもらうの大好きだけど、まだ、自分で読みたいと自発的に言ってきたこともないし、文字に関心がないわけではなさそうだけど、そういうDMとかで書いてあるような看板の文字への反応とか、ぜーんぜん、ないんだもん。

で、実際、自分はどうだったかなーと思うと、自分が文字を親から教えられたのって、たぶん、小学校入学直前のことだったと思うんですよね~。

じいじが、新聞紙と筆と硯を持ってきて、ひらがなのお習字を教えてくれた。
「つる」とか書いたような記憶が漠然とあるんですけど、最初の単語はなんだったかなぁ・・・。

でも、自分の記憶をたどると、どうも、それがひらがなを書くことを憶えた、教えられたのって、その頃。
だから、4歳どころか、5歳とか6歳だったんじゃないかなーって思うんです。

それまでに、読むことを憶えていたかっていうと全然記憶なし。木の葉さんに聞けば分かるかもしれないけど、自分で本を読むようになったのも、たぶん、その頃なんじゃないかなぁって思うんだよねぇ。

そういや、じいじも、彼は戦後すぐに小学生にあがったんだけど、「小学校入学前に、カタカナを全部読めるようになって意気揚々と入学したら、制度が変わってひらがなからになって全然読めなくてショックだった」と話していたから、やっぱり読み書きを憶えたのって小学校入学時分と思われ。

で、私が小学校入学してすぐに読み書きに困ったか?学校の勉強についていけなかったか?って言えば、ぜーんぜんそんなことはなかったんだよね。だって、小学校で、読み方と書き方を教えてくれたし。ていうか、そのために学校に行っていたんだから・・・。

実はさっきも、お昼ご飯の用意をしているときに、幼児雑誌を読んでくれとあんまりせがむものだから、「だったら、ひらがなのお勉強すれば~?そうしたらいつでも好きなときに読めるよ~」って言ったら、「ママがいーんだもん!」「ひらがな憶えたってママは本を読んであげるよ。でも、忙しくてできないとき自分で読めたら楽しいじゃん♪」「お勉強なんかたのしくないもん!」だって(笑)

というわけで、4歳3か月。全然、ひらがな適齢期じゃない模様です!
わはは。

しかし、2・3・4歳向けの幼児雑誌で当然のようにひらがなを書くお勉強コーナーがあるってすごいなー。

まぁ、でも、憶える気のないときにやっても無駄だし、私的には、まだまだ遊び適齢期だけど、ひらがな適齢期じゃないよなーって思ってるから、まぁ、小学校あがるまでに読めればいいか、と思ってるんだけど・・・今時、みんな読み書き完璧で入学してくるんだろうか?

そんな漠然という漠然と不安や「ひらがな適齢期」っていう言葉が、つい親を駆り立てるような気がします。

・・・って、自分がさぼってる言い訳?!(笑)
ま、私は遊びが子どもと脳みそを育てると思ってはいるし、子どもの育ちは十人十色。
トイレでもお箸でも、興味を持ったときが、その子の「適齢期」、とは思うんだけど・・・。
なんか親から働きかける必要があるものなのか?

自分が小学校入学前だったんだから、ま、そのときまで興味がなかったら働きかければいいか。

・・・のんびりすぎ?

さぁて、お布団が私を呼んでいる!
子ども達と一緒にお昼寝しようっと~♪


nice!(5)  コメント(10)  トラックバック(1) 
共通テーマ:育児

nice! 5

コメント 10

ファーザー

こんにちは

小学校1年生を3回担任しましたが、小学校入学時に、8割の子は、ひらがなの読み書きができる状態でしたね。(地方の小学校です)

幼児期はひらがなを習得する(読みはもちろん、書くことも)適齢期だと考えます。
 保育園によっては、「小学校入学までに自分の名前が読み書きできれば、よい」などと言っているケースがあるようですが、これでは入学後かなり苦労しますね。確かに入学後1学期間かけて平仮名の読み書きを指導しますが、ペースは速いです。

絵本の読み聞かせをしていれば、自然と文字に興味を示しますし、そのうち自分でも拾い読みをし出します。そして、簡単な絵本は一人で読むようになるでしょう。

ただ、書くことは書き順の問題があります。「や」など一度間違って覚えると、後で直すのが大変です。きちんと親がついて、書き順を教える必要がありますね。
by ファーザー (2008-01-20 14:35) 

field

お子様が、インフルエンザで倒られたとのこと。オークションどころではないかと思いますが、もし良かったらと思いまして、コメントしました。ライアーの記事を書かれているのを読ませていただきました。
現在、Yahoo オークションに、ライアーを出品しています。ザーレム社の、アルトライアーです。トネリコを使っています。
http://page18.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/w19359095
ライアーに興味をお持ちの方に、現在オークションに出しているということを、知っていただきたくコメントさせていただきました。
by field (2008-01-20 18:21) 

お針子

インフルエンザ良くなってよかったねえ^^
ひらがなはそんなに早く教えなくてもいいのではないでしょうか?
ご存知でしょうが・・;
我が子には漢字を先に教えていてひらがなは小学校に入って知りました。
書き順もおもしろく、鏡文字もおもしろく
楽しんでいましたが、大人になったら直ってしまいましたよ(残念!)

長男君のように本をしっかり読んでいる子は
絵本の絵をおぼえるように、字も絵の感覚で、もう読めています。
特に大好きな言葉はしっかり知っているはず!
ためしに、キャラクターのロゴを見せてみましょう(笑)
書くべきときが来たら
すらすら~と書き始めます。
子育てを楽しんでくださいねえ^^
by お針子 (2008-01-21 06:57) 

みずたま

ちょっと時間がなかったので押し逃げ失礼しました〜!

えーっと、私は思うのですが・・・長男クンはもう立派に適齢期を迎えておられるのでは??
新聞に、自分で名前を書いたりしたんですよね?
きっかけはママからだったのかもしれませんが
何となく書けて、長男クンもうれしそうにしていたならそれが立派な芽かも。

平仮名をまず読んで、それから書けるように・・・とか、お勉強と思って読み書きを教えるとなると抵抗もあるかもしれないけれど
真似してかいたりなぞり書きが嫌でなければ、広告のうらにでも(懐かしいかんじですね。笑)
家族の名前を書いてみせてあげたり、太いマーカーで書いた上をなぞり書き遊びさせてあげたり・・・はすごく喜んでやっていました、うちの場合。あひるのあ、から入らなくても平仮名でも漢字でも数字でもどんどん本人が好きな分野を書いて見せてあげるだけで
自分で書けるようになったり、書きたいから覚えたり、ってなったり。「お勉強」と親が思わない方がお互い楽しいですよ♪
読み書きは勉強ではなくて、生きて行くため、勉強のためのツール?だし。

 幼児期に方程式って言われると・・・正直わかんないけど、読み書きだけは早くできていけない理由がわたしには浮かばない。読めたり書けたりで遊びの幅もぐんとひろがるしね。これは実感。

強制と親の力の入れ過ぎや逆に拒否モードさえなければ、子どもにとってはなんでも遊び♪特に幼児期はお勉強と遊びの区別は特にないんじゃないかなと思う私ですが・・・。


 適齢期って、こどもが急に意欲的になる!習得できる能力がある!っていうよりは、日常にほんのちょっぴり芽が出始める・・・くらいのものかも。その芽を見つけて伸ばしてあげるか、もうちょっと自分で成長するまで見守るか、芽が早めに出るように促進剤を日常にさりげなくちりばめるか・・・それはそれぞれ&十人十色かな♪

実は最近次女が急に読み書きの芽を伸ばしてきたので
すごくタイムリーで・・・長く演説、ごめんなさい。
お手紙(読める字は少ないけど)もくれたりしてね、すごく感動&子どもってやっぱり可愛い・・・とうるうるしました、やっぱトシ・・・。
by みずたま (2008-01-22 01:19) 

インフルエンザでタミフルが処方された初期の頃、私は、早くもタミフルを飲んでいました。
その後にあんな色々とテレビで言われるまでになってしまって・・・
時すでに遅しですよね。
私は、何もなくインフルエンザも治りましたが・・・今思えば、怖い話です。
小さい子に処方されると私も構えてしまいますね。
でも、子供が治るというのであれば。。。苦しむ子を前に決断は難しいですよね。駆け引きしてできる命ではありませんからね。
by (2008-01-23 13:46) 

mamaru

いや~、私もインフルエンザにやられていました(笑)
インフルエンザとタミフルについては続編を書く予定です。
自分も初めて飲んでみて思ったことと、子どもの観察結果です。

さて、ひらがな適齢期。
そうかー、ひらがな憶えて入学されるケース、多いんですね。
もしくは、早いスピードでの学習に楽についていける脳みそをもって、入学するか、どっちかなのですねぇ。

つまり、適齢期、というのは適齢期、なんですね。幼児期は。
ただ、けっきょく、本人の関心が大事なんだろうナー。
時々、文字に関心を示すときがあるので、そのときに、ぽつり、ぽつりと、そのときどきに、遊び混じりに、ちょっと教えてあげるっていうのが、我が家のよい程度かな、って気がします。

なんか、私、子育てについては、木の葉さんに比べると、気が短い(といっても世間の人に比べれば長いのかもしれないが、木の葉さんが我々にしてくれたのと比較すると性急なんですよね)ような気がするので、あまり一生懸命取り組まない方が、「よい程度」になる気が(笑)

子どもの「芽」をうまく見つけて、そのタイミングで上手に遊べるような親になりたいなって思います♪

ただ~、自分で本が読めるようになると、楽だけど(笑)
でも、一緒に本を読むときがまた幸せでもあるしねぇ。
by mamaru (2008-01-24 09:15) 

mamaru

お友達からもらったメールでは、やっぱりおうちにあいうえお積み木やカルタから、自然に読むようになったとか。

我が家の長男ですが、なんと自分の名前の文字「それ、ボクの文字だよ!」と読める模様です。あれ、いつの間に!

かといって、他の文字を憶えるつもりも別にないようだけど・・・

そして、本を読みながら・・・
「ぼく、読めたよ!」
・・・って・・・それは文字ではなく暗記・・・

でも、文字の力は後からでもつくけど、このものすごい記憶力、暗記力は子ども時代ならではだから、大事にしたいですよねー。

まぁ、そういうことなので、のんびりこのまま様子を見ていれば、文字の数が少しずつ増えるかもしれませんね~。
のんびりいこうっと!
by mamaru (2008-01-26 21:33) 

私も、無理して『お勉強』にすることはないと思います~^^ま、本人が興味を持っていれば、自然と自分から書くようになるのではないでしょうか。
私自身、小学校に上がる前にひらがなやカタカナ親から教えてもらった記憶ないし^^でも、自分で勝手に書いてたような気はするかな。
ただそれだとやっぱり書き順などを間違えて憶えてしまうことがあるので、後々自分が困る。カタカナの『ツ』と『シ』とか、似てるのあるからね。
いろんな意味で、絵本の読み聞かせの方が断然重要だと思います。ひらがなカタカナは小学校が上がってから授業についていけるように親が見てあげるのでも良いのではないでしょうか。。。
by (2008-01-28 15:39) 

mamaru

今朝も、なんか、文字を見て「僕の字!」と言ってましたが、はずれでした(笑)。3文字の名前なんだけど、その3文字と類似品はすべて、同じ「僕の字!」らしい・・・ははは!

でも、なんとなくまわりの文字に関心は芽生えているような気はします!
のんびりだけどね~。
by mamaru (2008-01-30 13:15) 

mamaru

今月の「母の友」にちょうど、このような話題が出ていました。
我が家のようなのんびり派でも、だいじょうぶってちょっと安心しました。
いろんなテーマで、「母の友」って私の子育てにしっくり合っているかも、と再び思う契機になりました。
by mamaru (2008-02-09 21:05) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。