So-net無料ブログ作成
検索選択
Le Creusetの料理 ブログトップ
前の10件 | -

おばあちゃんの柚子味噌 [Le Creusetの料理]

寒くなりましたね。

今朝、子どもたちは、「そういえば、ママの帽子だしてよ!」と冬定番の動物ニット帽(http://blog.so-net.ne.jp/mamaru/2006-12-14-2http://mamaru-vol1.blog.so-net.ne.jp/2008-02-11)をかぶって保育園へ。もう何年定番で愛されているでしょうか。作ってよかったねぇ。ほんと、季節の風物詩。

くまちゃん帽子は長男は5年くらいかぶってる。でも、ニットはいいね。伸び縮みするから、まぁ、適度にフィットするもの。先生方にも、「きゃぁ、可愛い!」と毎年新人の先生がヒットし、古株の先生は「あらぁ、懐かしいわねぇ」と反応するのだ。

今夜の夕食には、えびとマカロニのグラタンを制作。小麦粉とバターと牛乳を使い、電子レンジの説明書のとおりにやったら10分くらいでホワイトソースができた!しかも、いつもレトルトパックで買ってるホワイトソースよりおいしいし!こりゃぁ、我が家の定番になりそうですなぁ。

先日は、職場の夜の会議にいらした方から「庭でなったんだよ~」と柚子をいただき。職場のメンバーで分け合っていたときに、「うふふ。これで柚子味噌つくろーっと!おばあちゃんや母が作ってくれるんだけどおいしいんだよねぇ♪」と言ったら「え! そんなら、うちも作って持ってきてよ」とみんなから柚子を渡され柚子長者。しかも、私は柚子味噌初挑戦なのに、注文殺到(笑)。
Image3.jpg
で、木の葉さんに作り方を聞いたら、「おばあちゃんのがおいしいのよ~」というので石川県に電話。製法の秘伝?!をたずねた。回答は簡単。

「二通りの作り方があるんだけどねぇ」ということで教えてもらったのが以下。

■柚子味噌 その1
(1)柚子の皮の黄色いところだけを剥いて細かく刻む。
(2)味噌とお砂糖を入れる。
(3)火にかける。

■柚子味噌 その2
(1)柚子の皮の白いところも刻み、汁を絞って種を取って入れる。
(2)味噌とお砂糖を入れる。

書いてみると簡単ですが、大量の柚子を皮剥いて刻むのは結構面倒だよ。
1,2家庭分ならばいいけれど、結局8家庭分作った(笑)。

おばあちゃんが「白味噌のいい味噌を使うと甘くておいしいのよ」というので、白味噌を3パックも購入する羽目になり、なんだか高い柚子味噌です。まぁ、一人の労働で8家庭の二桁の人が幸せを味わえるんだから、まぁ、安いものともいえますね。

ちなみに、その1の製法のほうが日持ちがするそうで。その2のほうは、無駄は一切でないけど、日持ちがしないし、ちょっと苦味もあるので、大人向けですぐ食べる場合にオススメ。あと、その1のほうで火をどれくらい入れるかは木の葉さんいわく「火をしっかり入れると日持ちするけど、あまり入れないほうがおいしい」というので、今回は人様にお配りするので、その1にしたけど、でも、「お早めにお召し上がりください」と言って、浅めに仕上げました。

そうそう、配布するときに「まるや謹製?」と書いたら受けたんですけど、これは木の葉さんちの受け売り。あっちは「まるや」で落款まであり、品数も豊富(笑)。我が家は弟子のまるやなので「こまるや」ですがね。

それで、その1の製法で作りかけているときに、白い部分とか、汁がもったいないなぁ、と思ったときに、今は定年退職されているけれど、在職中にはいつも柚子ジャムをくださったOさんを思い出し、早速メールをしたらお電話をいただいた。彼女のご主人は、愛媛のご出身で、あちらは柚子山があるようなところなので、大量に作って一粒で二度おいしいようなお得な作り方! なんと柚子味噌を作る過程で3種類の製品ができちゃうんです!

「農協おすすめなのよ」ということで、聞いた製法は以下のとおり。

■柚子味噌 その3
(1)柚子でマーマレードを作る。砂糖は総量の7割程度。20分程度。
(2)一部を取り出し柚子ジャムに。さらに20分ほど練ると柚練りが完成。
(3)柚練りに味噌を入れると柚子味噌完成。

ね。お得でしょ。

ちなみに、彼女のお義母さんは、柚子の種を少量の水で煮て、その汁を(1)に加えるのだとか。ペクチンの働きで、より一層固まりやすくなるんだそうです。また、柚子酢はペットボトルでかなり長い間保存できるそう。う~ん、さすがの知恵ですなぁ!

柚子味噌の使用方法は、いろいろ。

こんにゃくにも合うし、白菜を茹でて載せたり細かく刻んで和えたり。風呂吹き大根にもいいし、炊き立てのほっかほかの白ご飯にちょいと乗っけて食べるのも絶品★

作ってみると意外と簡単なので、ぜひ皆様お試しあれ!
nice!(3)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

冬瓜と打ち豆の煮物 [Le Creusetの料理]

今週も病人抱えたmamaru家。

前半は次男が39度8分の高熱で、今日は長男が38度8分の高熱でダウン。
まぁ、お兄ちゃんはきっと弟から感染してるんだよね~。
保育園から電話があったときギリギリ午前の診療時間内だったので昼休みを前にずらさせてもらって、お迎え、小児科、おばあちゃんへの引き継ぎ、急いで食事、で職場にとんぼ返りしました。

時間差五月雨攻撃でしたが、週末にかかったのと、週明けは次男のプレお誕生日でパパと私が休暇をとってどこかにいこうとしてもともと休むつもりだったので、なんというか気楽です。
繁忙期前なんだけど、結構、段取りよく進めているので、ゆとりもあるしね~。

しかし・・・ほんと、我が家の息子達はよく病気になるものです。

で、実は前の記事に続きパパの五輪出場土産の特集でもしようかなーと写真を撮っていたのですが、久々に料理の写真も撮ることができたので、ほんとうにひさーしぶりのレシピ記事UPです★

冬瓜。
身体を冷やす効能があるので、ほんと、発熱一家にはうってつけの食材(笑)。

前回紹介したときは鶏と煮込んでいますが(http://mamaru-vol1.blog.so-net.ne.jp/2006-08-15)、今回は、北陸の郷土食材(石川の木の葉さんの実家でおばあちゃんがよく使っているものだったので石川由来かと思ったら新潟や福井も郷土食らしい)の一つ「打ち豆」と冬瓜の煮物をご紹介したいな、と思います。

「打ち豆」って大豆の半加工品、なのですつぶしてあるの。
お豆は水戻し時間が必要だけれど、「打ち豆」(かち豆)は戻しいらず。
おばあちゃん曰く「出汁なのよ。あと、昔は栄養を補うのに大事だったの」とのこと。
実家では、よく朝のお味噌汁に使われています。
「ミョウガとよくあうのよ」とおばあちゃん。
それと、ばあちゃん曰く、つぶし加減にもいろいろあって、用途に応じて使い分けたりするそうです。

へぇ!東京でも使ってみよう、とちょっと分けてもらってきました。
小さい頃、ちょっと苦手だった打ち豆が、いつしか触感も味もなんか好物になってね。
おばあちゃんから「冬瓜と一緒に炊くといいよ。水戻しはなくてもいいけど、前の晩から水につけておくと、よく出汁が出ておいしい」と聞いたので、打ち豆と昆布を水につけてだし汁を作成し、冬瓜を煮てみました。
Image1.jpg
前も書いたかもしれないけど、東京で冬瓜を買うと緑のラグビーボールみたいなものですよね。
石川に帰省したときに「冬瓜」でポピュラーなのはいわゆる「かもり」
スイカを楕円にしたような巨大さで、まわりは少しチクチクした毛の生えた白っぽい野菜。
中身は東京の緑の冬瓜よりややふんわりしたイメージがあるけど料理するとほぼ同じ。
ただ、巨大なので、東京の緑の冬瓜の4倍くらいの食べでがあります。
わってしまうと足が速いので、ちょっと困るんだけど(笑)

今回は東京で購入した冬瓜でお料理しました。
あと、ちょうど、冷蔵庫に鶏のモモ肉の切れ端があったので一緒に煮込んじゃった♪
・・・って前回のレシピと似たようなものになってしまった・・・たはは・・・
とりあえず前回の煮物より、今回の煮物の方が薄味であっさり目に仕上げてます。

《材料》
冬瓜 打ち豆(かち豆) 昆布 (鶏もも肉) 砂糖 みりん 酒 醤油
作り方
1 打ち豆と適当な大きさに切った昆布(我が家は面倒なので後で食べちゃいます!栄養もあるし)を水につける。
2 適当な大きさに切った冬瓜を水で下ゆでする。
3 鍋にだし汁を入れて2の冬瓜(ともも肉・・はあったから入れたけど入れなくてよし)を入れて煮る。調味料も加える。
※水溶き片栗粉でとろみをつけても美味しい

そうそう、先日、超久しぶりにスーパーで主婦雑誌を購入しました。
節約、収納、効率的な食材の使い方とかの定番記事を読みながら、皆さんの工夫と努力に脱帽。
我が家の、エンゲル係数自由自在(汗)な食い倒れ生活を少し反省・・・。
でも、外食はほとんどしないんだけどね。

ただ、気になったのは節約食材だと、やっぱりお魚って少なくなるんだなーと。わが家に比べるとお肉の登場頻度が明らかに高いので、ほう!お肉は安くてボリュームがあるわけだ、と再認識した次第です。魚食いのわが家は節約生活はちょっと無理かも・・・魚はまとめ買いより新鮮なモノの方がいいしねぇ。

で、ふと思ったのは、効率的な食材の使い方って、肉魚野菜などなど食材全般にわたりとても限られた「定番」の材料ばっかりで作るもんなんだなーと思って。あれって同じ材料で手を変え、品を変え、だから、むしろ大変そうな気がしてしまった。

わが家の場合、例えば野菜なら、冬瓜、里芋、大根、太いキュウリなどなどがほとんど同じような味・調味料の構成で煮物になってるわけ。ごま和えだって、あえごろもは同じで、ほうれん草に春菊、ニラ、インゲンなどが登場。魚料理は面倒だと言われるけど、煮魚と焼き魚、やってることも手順も同じで魚が違うだけ。

食材を変えれば構成される栄養素も違うし、味も違うから、調理法はバカの一つ覚え、であっても、栄養バランスも食卓のバリエーションも保てるよな~と。

調理法同じで食材変わった方が、簡単な気がするのですが、どうなんだろう?
「どうやって料理しようか」より「どれで料理しようか」のほうが手順は単純だから悩まないかなと思うんだけど・・・。

今週末は、界隈がお祭りです。
が、この体調では参加できるかしら???

子どもが寝込んでいるのを見るのは切ないです。
早くよくなってほしいなぁ。
冬瓜で熱が下がりますように!
nice!(3)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

栗と鶏の炊き込みご飯 [Le Creusetの料理]

久しぶりにお料理の記事を掲載してみようかと思います。

先週末、スーパーに立ち寄ると栗が出ていました。

長男の保育園のお印が「栗」だから、以前に比べると目に付くようになった栗。
皮を剥くのが面倒くさいんだけれど、季節になるとやっぱり食べたい。
生協の宅配で剥き栗があったら買うんだけれど、それでも、年に1回はちゃんと栗を見せてあげたいなと思って、つい、手が伸びてしまった。

けれども、やっぱりちょっと余裕のある日じゃないと栗の皮むきはできない。
ちょうど木の葉さんが子守に来てくれていた日にようやく作業をすることができた。

皮を剥きながら、そういえば、去年は栗ご飯を炊いた日に破水して入院したよなぁと思い出す。
あれからもう1年--早いものだ。しみじみしちゃうな。
でも、栗の皮剥きをできるくらい、少しはこころの余裕ができたとも言える。
1歳だもんね。だんだん育児も楽になってるんだよなぁ。

改めて当時の記事(http://blog.so-net.ne.jp/mamaru/2006-09-20)を見直して見ると、栗ご飯のレシピを掲載しようと思って写真を撮った・・・とあるが、あれ?レシピ出てないじゃん!
まぁ、それどころじゃなかったんだろうが・・・。

ということでレシピをご紹介します☆

が、今年は、たまたま栗の袋の中に「栗と手羽先の煮物」のレシピが入っていたので、そうか、鶏肉と合うのね~と栗と鶏の炊き込みご飯にしてしまったので、シンプル栗ご飯はまた今度ね(笑)。

まぁ、下記のレシピで鶏抜けばいいのか・・・。
どうせ写真に鶏が写ってないし(笑)

《材料》
栗1袋 鶏もも肉2分の1枚 米2合 水420ml 酒少々 しょうゆ少々 昆布
※いつもながら分量は適当! 水加減もお酒やしょうゆの加減で調整してね~。
《作り方》
1 栗の皮を剥いて水にさらす
2 鶏肉を細かく刻む
3 米を研いで鍋に入れ、すべての材料を入れる
4 強火で沸騰したら火を弱めて10分 蒸らし10分

以上終わり!

炊飯器なら、全部放り込んでスイッチオンで終わっちゃうから、冷凍栗とか剥き栗買えば、栗ご飯作るのってぜんぜん面倒くさくないよね。

そうそう、今年初めて学習したんだけど、栗は大きすぎないほうがいいみたい。
今まで、どーん!と入っていたほうがいいじゃないか!と思っていつも1個丸ごと入れてたんだけど、2分の1から3分の1くらいのサイズにしていれたほうが食べやすいし見た目もよし、でした。

上記のレシピでさっぱりだけど、個人的にはほんのり甘みが入ってもおいそうだなぁと今後の研究の余地あり、と思っていたりします。 

今年は何回栗ご飯を食べられるかしら・・・。

そうそう、こないだ帰省したときに羽田空港で、長男にリゾット食べさせたらえらくお気に入りで、「空港で食べたご飯が食べたい!」と所望するのでミックスベジタブルを使ってミルク風味のリゾットを適当に作ってみたら、簡単でなかなかおいしかったの。写真撮るの忘れちゃったので、今度作ったらまたご紹介しますね♪


nice!(3)  コメント(6)  トラックバック(1) 
共通テーマ:グルメ・料理

煮豆の王様 [Le Creusetの料理]

おはようございます♪

今日は長男を保育園に送り届けた後で、恒例の耳鼻科へ。

次男の中耳炎は相変わらずで、まぁ、こうやって病気をくり返しては免疫作って丈夫になっていくもんだよなーとは思いつつも、やっぱり小さいからほんとうにかわいそうになってしまう。結局、今月いっぱいかけてゆっくりやりましょうと言っていた慣らし保育は、10日も通えたかなぁ(笑)。まぁ、1週間で復帰とかにしてなくて、ほんとうに良かったな、って思う。職場には申し訳ないけれど。

私自身の方は、大人だし、治療の効果が確実に出てきていて、咳も鼻もだいぶ治まってきたし、身体も軽くなってきた。今日も観念して服薬している。授乳のタイミングと、副作用で家庭生活に支障が出ないように、ちょっと飲み方は工夫してはいるんだけれど。これまた、仕事復帰したら治療に通うのも簡単じゃないから、きっちり治してしまわないといかんね。

ということで、今日も看病★闘病Dayですが、こういう時間を「あーあ」って思いながら過ごすのは性に合いません。従って、いかに、こういう時間を楽しむか、なんですけど、昨日は、煮豆の王様・虎豆を煮ることにいたしました♪

虎豆って、煮るの初めて!
白くって、ちょっとヒョウ柄みたいな模様があって、チャーミングなお豆です。

今回の産休、育休での一番の成果としては、やっぱりLeCreusetのお鍋を使うお料理の幅がぐーんと広がったこと。煮豆しかり、煮物しかり、ご飯炊きしかり。それまでは、「おかあさんはやすめ」的な洋風な煮込み料理でかなり活用してはいても、こんなに連日フル活用できるほど、毎日の定番で何も見ないで気軽に作れる料理のレパートリーも広くなかった。

それが、オフクロの味の定番の各種煮物や、今までは「超たいへん!」って思っていた煮豆すら、超お気楽に作れるようになってしまったのは、やっぱり、時間と経験のおかげ。

よく考えれば、煮物なんて、鍋が煮てるだけで、保温性の高いお鍋だったら火を止めてる時間も長いから、時間はかかるんだけど、実際の作業時間は少ないんだよね。一方で、フライパン料理は、早くできるけれど、意外と台所に立っている作業時間は短くはない。段取りさえ良ければ、一見、面倒くさそうな料理も、実は気軽にできるし、また、そういう料理は、「常備菜」的に、複数回食卓にのぼっても飽きない味だから、かえって効率的だったりもするのだ。

・・・まぁ・・・我が家の場合、食欲魔神だから、常備菜になる前に消費されてしまうのだけれど・・・。翌日のお弁当に使う分くらい残ってくれ~って思うんだけどね(笑)。

前にどっかの記事のコメントで書いた記憶があるんだけど、私が「木の葉さんの里芋の煮っ転がしがパパも息子も好きだからしょっちゅう作ってたら、なんか知らないけど、他の煮物とか料理の味も良くなった気がする」って言ったら、「写真もそうだよ。海外に行ったりいろんなものを撮ったから上達するんじゃない。一つのものをひたすら一生懸命撮り続けるんだ。同じだよ」って教えてくれたように、料理を一生懸命やったことが、家事効率の向上にも繋がるし、また、一方で、仕事の効率UPにも繋がる。

だから、育児休業を楽しく満喫して過ごすことって、働く人間としても、非常に意味深いものだ。
作業の効率が向上し、段取りも良くなれば、物の見方もすごく丁寧になるし、また、幅広く深い洞察もできるようになれる気がする。
半年ちょっとの専業主婦ライフで磨いた感覚を、来月からは、ちゃんと仕事に生かさないとね★

・・・と同時に、健康で健やかな家庭生活と子育ても継続させるんだから、頭のスイッチの切り替えを上手にして、どっちもラクに楽しくこなせるようにしていかないと、と、煮豆の傍ら、仕事関係の読書にも励んでみたり、ママも「慣らし仕事」中・・・かな???

・・・そういや、復帰後は1か月で新しい仕事の引き継ぎをしなくちゃいかんのだった・・・
しかも、今までとは畑違いのジャンル
もちろん、今までの仕事も継続であるんだけどね・・・さて、どうなることやら???

ということで、本日のレシピです。

今回は虎豆の煮豆と、それから、同時に作った豆のマリネを紹介します♪
虎豆は豆自体がおいしいから、豆の素材を生かした料理にするのがいいらしいよ。

豆ってたくさん一度に煮る方がおいしいんだけど、全部甘く煮るだけじゃ飽きるし。
ということで、ゆでた段階で取り分けて、今回は2つの料理を作りました。

マリネはきんときまめとか、ひよこ豆とか、他の豆でもOKです。
ただ、温かいうちに漬け込むとよく味が染みるので、それだけご注意を。

ゆで豆は小分けパックで冷凍してもいいんだけどね。
どうも、私、冷凍すると使うの忘れがちだから、結局、大量に作っても食べきり(笑)
WGママなのに、全然、ストックとか作り置き上手じゃないのよね~。

昨日は煮上がった豆とできたてのマリネをおやつに、おいしくお茶をいただいたのでした。
長男は相変わらず「豆の煮汁が気に入った!」と豆をぱくついてましたよ★

■虎豆煮
【材料】
虎豆 砂糖 水
【作り方】
1 豆はさっと洗って前日からLeCreusetに入れてたっぷりの水に漬けておく
2 沸騰しないように、あくをとりながら豆を煮る(火を止めて保温調理でもOK)
3 豆が柔らかくなったら数回に分けて砂糖を入れて甘みを含ませる(冷めるときに味が染みる)

■豆とドライトマトのマリネ
【材料】
ゆでた豆 ドライトマト オリーブオイル 砂糖 酢 ドライハーブ
【作り方】
1 豆が熱いうちに刻んだドライトマトと合わせて、調味料で和える

冷めると、熱いときと味が変わるので、味見をしながら試して、ご自身のお好みの味を探してくださいね★

ドライトマトっていい出汁がでますよね!でも、ドライトマトって買うと結構味に当たりはずれがあるんだけど、今回我が家で使ったのは、じいじ宅に出入りされている食品関連のお仕事の方がイタリアで買ってきてくださったモノ。さすがにいい味がでるのよ~。塩を入れてないのに、ちょっとしょっぱいくらいの味がするのが不思議なんだけど・・・。

今回、ドライハーブは、スイートバジルのドライがあったので、ぱらりと入れてみました。入れなくてもOKと思います。さらに、写真では、たまたまあった生バジルもちぎって混ぜ込んじゃった♪ 今日はたぶん味が染みてきているから、さらした新タマネギやルッコラなんかも混ぜて、豆入りのサラダに再加工しちゃおうかなぁと思ってます。

あ、アンチョビをちぎって混ぜるのもいいなぁ・・・確か、昔、最初に豆のマリネを食べたときは、ドライトマトとアンチョビが入ってたような記憶がある・・・そういえば、それから再現したレシピのはずなのに、アンチョビを入れたことがないことに気づいた(笑)

豆が入ると、野菜料理もお腹にどっしりする感じがあるから、いいよね♪

なんか、和食の食材を買ってきてしまったが、書いてたらイタリアンのピザでも作りたくなってきたよ・・・困った!

・・・なんか書きたいことはいろいろあるが、今日はおとなしくのんびりします。
そんなわけで、このところ、皆様のブログへおじゃまするのも、更新も、あんまりできていませんが・・・お許しを。
・・・来月から、もっとできなくなりそうだけど・・・(涙)

それでは、皆様素敵な1日を!


nice!(2)  コメント(2)  トラックバック(1) 
共通テーマ:グルメ・料理

タケノコ料理と野菜の酒蒸し [Le Creusetの料理]

ふぅ・・・
なんか、先週から次男、長男と立て続けに体調不良です。
私も、なんだか久々に外出したせいか、なんか風邪っぽいし・・・。

まぁ、そんなわけで、なんかパソコンどころではなく、終日子ども達と過ごし、そのままバタンキュー・・・という日々が続いています。
とほほ・・・。

先発で発熱した次男は、ふと見れば2本目の歯も顔を出していたから、保育園疲れに加えて、そんなのも発熱や鼻水の体調不良の原因なのかもしれませんね~。ま、この子はだいぶ元気になって、食欲は旺盛だし、ご機嫌でよく一人遊びするし(すっかり、お座りも上手になり、体を大きく揺らして遊んでバランス崩して転んで頭をぶつけて怒ってます・・・)、表情も豊かになって、発熱して、脳の回路が繋がった?!って感じ。

子どもの発熱って成長しますよね~。
・・・と二人目になると、すっかり病気に対してもおおらかになれるのでありました。

後発としては、ずっとはな垂れだった長男が、週末になり、食欲不振、腹痛、発熱、頭痛・・・とあれ?もしかして、今、保育園で発生しているおたふく風邪?とも思われる症状を見せ始めているんだけど・・・どうなのかなぁ・・・。
耳下腺が腫れていると言われれば、なんかぐりぐりするような気も?

うーん・・・
ぷくぷくのほっぺで、時々、赤くもなる長男・・・
わかんないわ・・・(笑)

一方、食欲がなくなって、炭水化物ばかり食べているし、飲み物はお茶や水ばっかりほしがるから、タンパク質を採ってないせいか、長男の肌は、あちこちの赤みが薄れて、回復の兆し。
面白いモノですね。
あ、でも、首とほっぺだけは赤いのだ。
発熱のせいかね?

まぁ、寝ているほどでもなく、外で遊びたがる位の病状なので、なんてことはないと思うのですが、もしもこれがおたふく風邪であった場合・・・今週金曜の次男のポリオの予防接種は、たとえ、今の鼻水が完治したとしても、当然見送りだろうね~。
だって、感染してたら・・・まずいもの。

果たしてどうなのか?
明日の朝、お医者さんで診てもらうことにいたしましょう。
もしも、おたふくだったら、今日遊んだお友達にも、お知らせしておかなくっちゃね・・・。
いやはや。

ま、育児休業のうちに感染してくれるのは、ある意味親孝行でもありますが、時間差で次男も・・・なんてことになった場合は、もしかして復帰初日から看護休暇?!なんてこともありえるのか?(笑)
とややどきどきもしていたりして・・・。

明日のお医者さんは、ちょっとどきどきです!

と、今日、ふっとカレンダーを見たら、もう4月も終盤ですね~。
今月いっぱい自由の身!と思いきや、何もしてないんだけど(汗)
美容院も行けてないし、大掃除もできてない!

なのに、よく見たら、復帰までの平日は来週の5日間しか、もうないわけ。
で、明日はもう医者行き、子ども達は保育園休み、なわけで・・・。

山ほど積まれている本。
いくら読むのが早くても、絶対読み切れない!

そして・・・行きたかった、ダヴィンチ展もたぶん無理だし、出産した友人宅訪問も、子ども達の病気でさっき2度目のキャンセルをしたばかり・・・。美容院は・・・あぁ、行けるのか???

どーしましょ。

このていたらくで、そのまま出勤か?!
やばい(笑)

・・・と、相変わらず長い前置きですが・・・
久々のお料理記事です

先週から、我が家の食卓にはぼちぼちと旬がまたのぼってきています。
タケノコにワラビにそらまめ。
お魚は鰆とか鰹とか。

まぁ、人間、旬の物を食べるのが一番なーんも考えなくても健康になれる秘訣のように思うので、できるだけ、旬のものは食卓に取り入れていきたいなぁと思いつつ、こまめにスーパーのぞけなくなるとどうなるんだろう?と、こちらもまた、ちょっと来月以降心配の種であります。

タケノコやワラビ。
おいしいんだけど、私、子どもの頃は苦手でした。
それがある時からとっても好きになって。

でも、ともに、下ごしらえがちょっと面倒ですよね。
かといって、家でやらないとおいしくないし。

生協の宅配でタケノコを頼むと、ぬかも一緒についてくるので助かります。
2~3枚皮を剥いて、頭を落として、真ん中に切れ目を入れて、ぬか入りのお湯でぐらぐらとゆでる。
後は水に漬けて保存します。

ワラビは、木の葉さんの実家から到来すると、木の葉さんがあく抜きまでやって、場合によっては調理までして、届けてくれるので、まぁ、ラクにいただけます♪
いつもどうもありがとう!

今回は、半分を酢の物にしました。
後の残りは煮るか、みそ汁に入れるか?

今回はタケノコのレシピを掲載しておきます。
私も、まだ修行中で、じいじと木の葉さんに聞いたりして作ってるところ。
ということでいつも同様備忘録の適当レシピです。

それと、じいじが、親戚のM家より聞いてきて最近はまっているという根菜の酒蒸しをやってみました。
おっと、これも、おいしい!
ということで、レシピを入れておきます

「ごぼうと、レンコンと、山芋は必須なんだって」
ということで、今回はこの三品でやってみましたが、他の野菜でもいいらしい。
作り方も簡単だし、野菜は蒸すだけでもおいしいんだけど、これもまたいいなーと我が家の定番料理に入りそうです♪

■タケノコご飯
(炊き込みタイプ:炊飯器ならスイッチを入れるだけ)
【材料】
ゆでタケノコ 油揚げ 醤油 酒 昆布 米2合 水420ml前後
【作り方】
1 タケノコ、油抜き(お湯でゆでる)した油揚げを適当なサイズに切る
2 LeCreuset鍋にすべての材料を入れて、強火で沸騰、弱火で10分、蒸らし10分で完成!
(混ぜ込みタイプ)
【材料】
ゆでタケノコ 油揚げ 醤油 酒 砂糖 米2合 水420ml前後
1 タケノコ、油抜き(お湯でゆでる)した油揚げを適当なサイズに切る
2 LeCreuset鍋にご飯と酒と水と昆布を入れて、強火で沸騰、弱火で10分、蒸らし10分で完成!
3 タケノコ、油揚げを醤油、酒、砂糖で甘辛く佃煮風に煮る
4 炊きあがったご飯に混ぜ込む

■タケノコと牛肉の佃煮
【材料】
ゆでタケノコ 牛肉(細切れまたは挽肉) 酒 醤油 砂糖 (ショウガ)
【作り方】
1 牛肉と醤油、酒、砂糖、(ショウガ)で佃煮を作る
 参考レシピ:http://blog.so-net.ne.jp/mamaru/2007-02-03-1
2 ゆでタケノコを混ぜ込む
☆写真は挽肉で制作していますが、牛こまでもOK!
  甘辛めの味つけにするとお弁当にとってもいいですよ~。

■若竹煮
【材料】
好みの薄味の出汁 ゆでタケノコ わかめ
【作り方】
1 好みに味つけした薄味の出汁でタケノコをさっと煮る
2 戻しておいたわかめを入れる(ほとんど煮なくてもいい)

■野菜の酒蒸し
【材料】
山芋 ゴボウ レンコン ・・・などなんでもいいらしい
塩 酒
【作り方】
1 ゴボウとレンコンは切って酢水にさらしてあく抜きする
2 LeCreusetに日本酒と塩、野菜を入れて蒸し焼きにする

さぁ、来週は・・・更新できるのでしょうか?
仕事復帰前に、だんだん更新頻度が落ちている(笑)
まぁ、細々と、続けましょうね・・・。


nice!(5)  コメント(7)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

ル・クルーゼで玄米ご飯 [Le Creusetの料理]

先日頼んだOisixのお試しセット。

やっぱり、いいお野菜はおいしいねぇ~。
特にトマトの甘さとマイタケの香りの高さ、出汁の豊かさには脱帽。
トマトは、田舎のおねえちゃんが送ってくれるフルーツトマトと同じくらい味が濃くて甘くって、長男は、1パックのほとんどをぺろり!と食べちゃった!
下手なおやつより、おいしいトマトの方が好きなんだよねぇ。
今朝いただいたピーチ蕪(前記事http://blog.so-net.ne.jp/mamaru/2007-03-31のコメント参照)もよかったけれど。

でも、よく考えたら、我が家の最寄りはコープとうきょうだけど、よくいく高級スーパーの方は有機野菜の扱いもあるし、その近くで見つけた自然食品やさんにもあり、我が家ってもしかして、おいしくて健康な暮らしを気軽にできる環境があるのか?とちょっと見直した次第。

というわけで、牛乳や納豆、卵、しらすといったものも、おいしかったけど、これらは、鮮度管理の面でも、思い立ったら購入するお店の方が便利だなーと思うので(特に低温殺菌牛乳は到着後の賞味期限とか超短いから、豆乳とか玄米ジュースとかも飲んだり牛乳を必ず!ではない我が家としては、無理矢理飲まなくちゃいけなくなりそうで気になる)、野菜を中心に、これからも、使いやすいお取り寄せを探して、試してみてるところ。

Oisixは食材のバラエティの広さが、やっぱりいいんだよね~。
変わったお野菜とか、いろんなものを食べたい我が家としては、定番の食材だけだとね。
デパートに買い出しに行く代わりに注文できるのなら、ねぇ。

ただ、魚はまるものじゃなくて、刺身か冷凍なのがなぁ。
おいしい魚が食べたかったら、鮮魚は鮮魚でやっぱりお取り寄せしないと駄目かぁ・・・。

定期購入もあってそっちがお得だと聞くとムラムラと入ってみたくなるが、そうしたら、結局、Oisixを考えた意味がないのかな?とか思ったり(笑)
ううむ。悩ましいわ!

さて、そんな我が家に、ついに玄米ご飯が登場いたしました。

いや、別に健康のために・・・と買ったわけではなく、実は木の葉さんが親戚からもらったんだけど、じいじが銀シャリ命!ということで、我が家にくれたの。
ということで、玄米ご飯の炊き方を目下研究中です。

で、何で炊こうかな・・・ということで、まずはLeCreuset君で試してみることに。
いろいろとネットの情報を検索してみると、水分は1.3~1.5倍と多めで、給水時間、炊く時間は長いけど、情報によりまちまちだったから、適当にやってみることにしたのだ。

初日は、2合に対して、550mlの水、ひとつまみの塩。
給水3時間で、沸騰後40分、蒸らし20分という4時間コースで挑戦!
そうしたら、ビギナーズラックかすごくおいしく炊けてねぇ。
香ばしくて香りがよくて、歯ごたえも適度でおいしい!
いただいたのが山のお米で、おいしいからなのかな? 

ぱらぱらもそもそでまずいって言う人もいるし、外食で食べたときはおいしかったりもするけど家では難しいのかな・・・と思っていたし、今までは、玄米ご飯って、なんかストイックな感じでどうも・・・と思っていたが、ちょっと見方が変わった!

しかも。長男は玄米好きなのか、玄米ご飯にしたら、食欲がすごくて、米ばかり食べている・・・。
大丈夫かな?って思うくらい、米狂いなんだけど(笑)。
いきなり食物繊維こんなに食べて、お腹緩くならないのか心配・・・。

結局、2合炊いて、私と木の葉さんと長男の3人で食べたのに、ほとんどなくなった!
ほんの少しだけ残ったのを、「玄米ご飯はおにぎりがうまい」と聞いたのでおにぎりにしておいて、翌朝食べたら、これがまた上手に炊けていておいしくて。

いやー。びっくり。
ただ、いつもの調子で食べたら、後でお腹にどっしりきちゃって。
よく噛んでゆっくり食べるようにしないと行けないね。

・・・と、調子をよくして、昨夜も玄米ご飯に。
ただ、給水は本来一晩と聞いたので、朝から10時間くらい給水して夕方炊きあげたの。
なのに・・・塩ひとつまみを忘れたせいなのかな?
なんとなく、初日の方が上手に炊けたような気がする・・・。
同じように炊いたつもりなんだけどなぁ・・・。

花見に出かけたので、おむすび作ったんだけど、ちょっとべちゃっとして、でも、食べると、なんか少し固めなような・・・。

ということで、本日は、炊飯器で炊くとどうなんだろう?とお試しセット。
朝からセットして、夕方炊きあげ、という感じで挑戦中です。

仕事復帰までに、上手な加減を覚えられるかしら?

この記事を読んで、こうするとおいしく炊けるわよ!というアドバイスをいただければ、嬉しいです。
失敗しないように炊けるようになりたいんだよね~。

・・・・で、最後におまけで、大量に長ネギがあるときの消化レシピを1つご紹介します☆
エスニック風だけど、長男も好きなので、子どもも大丈夫だと思います。
過去のレパートリーと、これで、だいぶ消化できると思いますよん。

スーパーで鶏皮だけ売ってるのを買ってきてもいいし、皮付きのモモ肉からひっぺがして使ってもいいですし。油や香味野菜、調味料を変えてバリエーションも豊か!

ぜひ、いろいろやってみてください。

■長ネギのエスニック風鶏皮炒め
【材料】
鶏皮 長ネギ ナンプラー お砂糖
【作り方】
1 鶏皮と長ネギを刻む
2 鶏皮を熱したフライパンに入れ、油が出たら、長ネギを入れる
  ※皮に油がついてなくて出なさそうならごま油を最初に入れておくこと
3 火が通ったらナンプラーとお砂糖少々で味つけ
※大人なら最初に鷹の爪などを熱して辛みを加えても
※最初にニンニクを炒めてから長ネギを入れてもおいしい
※ナンプラーがなければ醤油でもOK
※鶏皮がなければ、ごま油でニンニク、長ネギを炒めても


nice!(4)  コメント(12)  トラックバック(2) 
共通テーマ:グルメ・料理

カブと豆乳の和風ポタージュ [Le Creusetの料理]

うっふっふ~♪
PetitBateauから宅配便が届いた!

遅まきながらホワイトデーにパパが買ってくれたプレゼント
濃いめのピンクTシャツと、カーキ色のハーフパンツ
コットンニットのパンツは伸縮性があって、すごく動きやすいわ~。
わーい!わーい!
・・・って職場復帰するというのに、こんな洋服買ってていいのか?!(笑)

ついでに、次男にカエル柄の肌着2枚セットも。
金色の王冠かぶったカエルがプリティ☆
よかったねぇ・・・たまには、お兄ちゃんのお下がりじゃない服も着たいよね~。
でも、これは、保育園の置き服ではなく、通園服にしなければ!!
置き服にすると、場合によっては埋蔵文化財になってしまうんだもの・・・。
可愛いのは着ていかないとね♪

さて、ここ数日、なんだか長男の食欲がいまいち。

まぁ、お元気なんですけど、ちょっと疲れでも出てるのかしらねぇ。
そういえば、昨日は、お風呂洗いをやりたい!というので初挑戦☆
いやー、いい子だ!
水遊びがてらできて楽しそうだから、これからも頼もうかなぁと思いきや・・・
あっ!肌弱君のお手手が荒れている・・・うー・・・難しいところだなぁ・・・

ま、それはさておき。
そんなわけで、ちょっとママは食欲がなくても食べやすいよう献立を工夫してます。

だいたい、こういう日は朝ご飯にはシリアルを食べたがるのだ。
だから、シリアルもしくはオートミールを炊いたり、ご飯をシリアル風に煮たり。

夕飯などには、お野菜のポタージュを作ったり、お魚はすり身にしたり。
ご飯は炊き込みご飯などにして、おかずを食べられなくても栄養は取れるようにします。

昨夜のメニューは
・まめご飯 http://blog.so-net.ne.jp/mamaru/2007-03-07-1
・さよりの塩焼き
・カブと豆乳の和風ポタージュ
・ナスのごま味噌炒め
・ゴボウと椎茸と牛肉のしぐれ煮

それでは今日のレシピ。

カブのポタージュは、まさに身体にしみいる感じ滋味あふれるお味。
豆乳を使ってヘルシーに仕上げました。
すぐに煮えるので、忙しいWGママだってあっという間に作れちゃう。
煮崩れるから、うちはマッシャーでがしがしして、ミキサーも使わないで食べちゃいます。

飾りに葉っぱと茎を刻んで載せるんですけどね。
こういうちょっとだけ刻むようなときは、料理ばさみでちょきちょきしちゃうと楽ちんです♪

ナスのごま味噌炒めは、夏場によく登場します。
冷めてもおいしいので、これまた昨日の酢バス(http://blog.so-net.ne.jp/mamaru/2007-03-30)同様、お弁当にもオススメ。
夕飯に作ってちょっと取り分けておけば、翌朝のお弁当づくりが楽チンです☆

■カブと豆乳の和風ポタージュ
【材料】
カブ 出汁 豆乳 塩
【作り方】
1 カブを皮を剥いて切り、出汁で煮る
2 つぶして豆乳で伸ばし、塩で味を調える(そのままでも甘みがあっておいしい)
3 ゆでてあったカブの茎と葉を、刻んで飾る
※出汁はなんでもOK!塩味のついた出汁の素を利用しても。めんつゆだと濃いかも・・・。
※出汁をコンソメに変えれば、洋風のポタージュに。
※もちろん、牛乳と生クリームで濃厚ポタージュに作ってもおいしいよ。

■ナスのごま味噌炒め
【材料】
ナス 味噌 砂糖 いりごま ごま油
【作り方】
1 ナスを5ミリくらいの厚さに切って水にさらしてあく抜きする
2 フライパンにごま油を熱し、ナスを炒め、味噌と砂糖で味つけし、最後にいりごまを散らす
※ごまがなくてもOK!
※ピーマンやシシトウなど夏野菜を合わせて味噌炒めにすることも
※挽肉を入れて肉みそ炒めもおいしいよ!
※大人だけなら、鷹のつめを最初に熱して辛味を入れたり、豆板醤を使っても!

旬のお魚さよりは、結局焼き魚にしてしまいました。
腹黒君なので、内臓を取ってから、少し塩をして焼き魚に。

我が家はグリルで焼き魚をするのだけれど、ゼオライトを使ったグリル石を愛用☆
いちいちグリルを洗わなくてもいいし、何より、焼き上がりがおいしいのだ!
手抜きしておいしく食べられる、ということで、とっても便利なシロモノなのです。

ほっこり焼けた白身がなんともはや、うんまーい!

今日は、ル・クルーゼで玄米ご飯を炊いてみようと思います♪
うまくできるかなぁ?


nice!(4)  コメント(8)  トラックバック(2) 
共通テーマ:グルメ・料理

蛸飯・すいとん・酢バス [Le Creusetの料理]

ついにさくらの季節がやってきましたね~♪♪♪
桜色が目にはいると、思わずほほえんでしまうんですよね。
日本人で良かった!と思わず思ってしまいます。

ちなみに、外国の方には、あのさくら色って「白」に見える方もいるそうな。
そして、彼等にとって「白」は無色透明で色ではない、という認識だったりもするらしいですよ。
目の能力に違いはなかろうに。文化の違いって面白いですよね。

長男の蕁麻疹傾向、次男の中耳炎は相変わらず続いている模様。
まぁ、しょうがない。
こうやって丈夫になってゆくのだ!

とは思いつつ、少しでも、と、家族健康向上計画、ということで、いろいろと模索しています。

モットーは、おいしく食べて、健康に!
ま、旬の食べ物を、ほどほどに食べる、ってことで、タンパク質の採りすぎに気をつけるのと、ミネラルとかがとれるように雑穀なんかをちょっと使う、とか、そんな感じで気楽にいこうと思います。

おとといは、暖かな陽気に誘われて、耳鼻科に行ってから保育園に長男を送り、そうして、近くの自然食品のお店に行ってみました。

もしかしてうさんくさい?!とか思っていたお店ですが、結構でっかくってね。
で、おそるおそる入ってみたら、これが、かなりヒット!なお店で、食材から調味料から、いいもの、気になるものが、そろっておりまして。

有機のお野菜もいろいろあるし、マクロビオティックのものも、いろいろあった。
健康によい石鹸やら、お茶やら、なんかよくわかんないものもあったし。
なーんだ、お取り寄せしなくても、近所にこんないいものがあったじゃないか!
で。思わず、ホンモノのみりんとか、玄米ジュースとか、ごっそり買い込んでしまいました~。

帰宅してからも、Oisixのお野菜のパッケージをお試し申し込んでみたり。

我が家は、木の葉さんの実家や、そのほかいろいろなところから、いいお野菜などが届くことが多いので、有機野菜をとりたいけど、定期的な宅配というのは難しくってねぇ。
だから、コープとうきょうの宅配の産直野菜を頼んだり、頼まなかったり、で、足りない分は店舗のコープとうきょう、って感じでやってるんですけど、他にもおいしいお野菜がほしいときに、買える手段はないかなぁと。

週末に届く予定なのだ!すごく楽しみです☆

昨日は、高校時代の友人ふたりと、子連れお花見ランチ♪
暑いくらいの最高のお天気!
お弁当は、さぼって、近所のホテイチで調達し、満開のさくらの下へ。
いやー、素敵なお花見だったわ~。

友人の近況や育児のこと、夫婦のこと、いろんなことを話して、本当に素敵な時間。
以前、長男が産まれた頃に集まったときは、それぞれがワタワタと子守をしていて話すどころではなかったのに、3年経った今は、子どもも増えているのに、みんな、ゆったりと会話を交わせる。
親として成長したんだねぇ、ってみんなで笑っちゃいました。

昔からの友人は、価値観がお互いに分かっているから意見の違いがあっても互いに分かり合えるし、また、ちょっと人には聞きにくかったり話しにくいけど気になる育児や家庭の話題なんかも語り合えるってところがありがたいのよね。

で、本日はまたいつも通り。
耳鼻科に行って、保育園へお送り。

そうして、次男とのひとときを満喫中。
来月から次男も保育園へ。
このふれあいの時間も、あと少しなんだよねぇ・・・。
しみじみしちゃうなぁ・・・。

次男は離乳食も始まってまだ時間も経っていないのだが(食材は米、じゃがいも、にんじん、ほうれん草・・・しか進んでない・・・)、お粥を炊いてあげると、こども茶碗2分の1くらい食べちゃうんだよねぇ・・・いいのかな?こんなにあげて(笑)しかも、既につぶしてないし・・・。

ほうれん草はなんだかすごく好きみたい・・・おじいちゃんちから送ってもらおうかな・・・どうせならおいしいのがいいもの。

しかも、ご飯からじゃなくて、米から炊いたお粥だとわかるみたいでねぇ。
食欲がすごい!
・・・と、やっぱり結構まめに作ってあげてしまうママなのでした。
離乳食手作りであげられるのも、もうちょっとだからね。

あぁ、そうだ。
そろそろ、じいじ謹製白身魚のすり身も頼まなくっちゃ。
カスゴが出る時期だから、鯛だな!うひひひ。

そして、今、彼は、私のまわりを寝返りで徘徊中・・・。
はいはいしたいのにできないんだよねぇ。
で、怒って、落ち込んで、気を取り直して転がる!
お兄ちゃんのいる時間は踏みつぶされそうだから、今の内に堪能させてあげようっと。

さて、で、本題のメニューです。
旅行前に撮ってあったものなので、ちょっと前のだけど・・・。
蛸飯と、すいとんと、酢バス、です。

蛸飯は、凝って見えるけど、蛸入れて炊くだけだから簡単。
蛸は火が通っても柔らかいので最初から入れて炊きあげられるからいいのよね~。

すいとんは、ご飯を炊いてなかった日とか、ちょっとしたお昼とか、冷蔵庫にアリモノの野菜でみそ味や醤油味のおつゆをつくって、卵入りのお団子をぽとんぽとんと落として・・・という省エネお助けメニューです!団子を薄く溶いて玉じゃくしでぽとぽと落としたら離乳食にもなるしね。

昔からよく父が日曜の朝ご飯に作ってくれていて、私も大好きなメニューなの。
そしたら、なんと、長男もどうも好きらしい(笑)。
写真の日は、ライ麦を団子にちょっと混ぜて洋風に作ってみたんですよ。
そば粉とか入れてもいいよね。
ついでに、お子様仕様なので、ちょっと野菜が小さめです。
大人だけなら銀杏切りくらいのサイズでOK!

それから、最後は酢バス。
木の葉さんの味です。
甘酸っぱくって、歯触りがよくって、これまた大好物の一つ。
冷めてもおいしいのでお弁当にもオススメです!

■蛸飯
【材料】
蛸 米2合 水400ml強 醤油 昆布
【作り方】
1 鍋に研いだ米、水、醤油、昆布ひとかけ、一口大にした蛸(炊きあがりには縮みます)を入れる
2 沸騰するまで強火、その後弱火で10分、蒸らし10分。
※炊飯器なら、スイッチオン!だけでできあがります~♪
※蛸には塩気があるので、醤油は少々、香りづけ程度。お酒を入れてもOKです。

■すいとん
【材料】
小麦粉 卵 水 だし汁 醤油または味噌 ありもの野菜
【作り方】
1 だし汁と適当に切った野菜で具だくさんのみそ汁のようなものをつくる
2 卵を溶いて小麦粉を入れ、水で硬さを調節し、スプーンで落とせる団子の生地をつくる
3 1を火にかけて2をぽとぽと落として、火が通ったら調味してできあがり!

■酢バス
【材料】
レンコン 酢 砂糖 ごま ごま油
【作り方】
1 レンコンの皮を剥いて薄切りにして酢水にさらす
2 フライパンにごま油を熱し、レンコンを炒め、火が通ったら砂糖と酢で調味し、ごまをふる
※お砂糖はちょっと多めがおいしいです

さぁて、今日は生協で、さよりを入手!
ちょっと長男はバイオリズム低下で食欲が今いちだから、すり身にでもしてあげようかな・・・。


nice!(3)  コメント(8)  トラックバック(2) 
共通テーマ:グルメ・料理

蕗の地鰹煮 [Le Creusetの料理]

いやー。喰った喰った!
今夜のお夕飯は大変おいしゅうございました。
ぷぷぷ。

メニューはねぇ・・・

発芽玄米入りご飯
ゆでたてのたこの刺身
たこの頭の煮物
ホウボウの刺身
ホウボウの煮魚
ケンサキイカの刺身
波乗りジョニーの冷や奴
蕗の地ガツオ煮
里芋の煮っ転がし http://blog.so-net.ne.jp/mamaru/2006-12-22
黒豆煮 http://blog.so-net.ne.jp/mamaru/2006-10-22-1

でございましたよ。
ねー。おいしそおでしょお?
え?タンパク質採りすぎ?
まぁ、たまにはいいじゃないですか。ねぇ。

母の実家のある石川県にいるおばから、たんまりとお魚が届いたわけですよ。
で、新鮮なうちに食べよう!という。
まだ、フクラギ、カレイ、などなどがあって、まだ底まで見てないんだって~。
ひゃぁ!明日もおいしい魚三昧だー。
嬉しいなー、嬉しいなー♪
もー。東京のお魚とは段違いにおいしいんだもん。
本当に、ありがとう!!

しかも、こういうのは長男も楽しめるんですよね。

今日はゆでだこショーをみんなで楽しみました。
のろーんとしたたこのぬめりを塩で取って、さぁ、お風呂(鍋です)に入れ!
すると、くるくるっくるくるっ、とあんよがまるまって、あらら、真っ赤なゆでだこに!
大人が見ても面白いってば。
私もイカはしょっちゅうさばいているけど、たこはさばいたことないので、じいじの手を見てお勉強
いつか、自分でやってみたいものだ!
3匹もあったので、生たことゆでたこで写真を撮ってみました♪(右下)

しかし、すごいね。たこ。
何もつけないのに、ちゃーんと塩の味がするの。それもかなりしっかり。
海の水飲んでるからかね、なんて木の葉さん。
なんでなんだろうね?
そして、歯ごたえはあるのに、ちゃーんとかみ切れて、滋味あふるる味!
長男もガムのようににゃっきにゃっきとたくさん食べておりました。
いっぱい噛むと頭もよくなるそうだから、いいことだね。

それから、ホウボウは美しい魚ですね~。
青っぽいグラデーションの美しいひれ。
足のようなひれもあったり。
いつも図鑑で見ているお魚を広げて、じいじがいろいろ解説しながら見せてくれたの。
長男は、まじまじと見ていました。

それを見て、今日図書館で読んだ養老孟司さんのインタビューを思い出したよ。
赤ちゃんのハンドリガード、自分の手をあっちから見てこっちから見てなめたり眺めたり、いろんなことをしてやっと、自分の手だって認識していくって話とか。
木の葉さんが放送で見たときには、自然を観察していた子と家の中で教えられた子、どっちがひらがなを覚えるのが早いかって言われたら、前者だとか。
結局、人は脳にいろんな情報をインプットして考えて「理解」を創っていく過程で、脳をトレーニングしている・・・というそのプロセスを話しておられたんだけどね。
今日のホウボウの美しさを見て、それを思い出しました。

どんなに優れた絵画も写真もテレビの映像も、自然そのものの持つ情報量には勝てない。
色合いの美しさ、微妙さ・・・どんなに再現しようとしても、そのものには勝てない。
絵の具の青がどんなに美しくても、海の青よりも脳に伝える情報は少ない。
だから、家の中やテレビの箱の中と比べたら、段違いに外で感じる情報って多いんだよね。
脳のトレーニングには、自然とつきあうのが一番である、というのが納得!なのでした。

ま、優れたアートとか、文字情報とか、そういうのも、別な意味で必要なものだとは思うけど。

・・・と、話がそれた。

まぁ、そんなわけで?今日のレシピです。
蕗の地鰹煮。
我が家は、蕗の苦みも味わいたいので、蕗の煮物はかなり薄味です。
でも、まぁ、出汁のお味は好みでどうぞ。
どうせ分量書いてないし(笑)

■蕗の地鰹煮
《材料》
蕗 昆布 鰹節 水 醤油 酒 砂糖 みりん
《作り方》
1 昆布を水につけておく
2 蕗を鍋に入るサイズに切って、沸騰した湯に入れて、再びぐらっとするまでゆでる
  ※葉っぱは佃煮などに→http://blog.so-net.ne.jp/mamaru/2006-10-26
3 蕗を水にさらし、皮を手でしゅるしゅるっと剥く
4 1を沸かして調味料で好みの味の出汁をつくる(鰹節はまだ使わない)
5 適当なサイズに切った蕗を入れて、鰹節を入れて一煮立ちで火を止めて冷ます

以上です。
2のときに小さく切りすぎないのがコツです。
そのときに、適当なサイズに切ってしまうと、いっぱい皮むきしなくちゃいけなくて面倒(笑)。
後は火を通しすぎると、いい歯触りが失われちゃうかな。

春の香りがいっぱい!
しゃきしゃきした歯ごたえもおいしいし。
いろいろな古今東西の健康法を今、いろいろと読んでいるんですが(結局、研究好き(笑))、どうも、旬のものをおいしく料理して食べてるのが一番良さそうな気がします。
ラクだし、安いし、楽しいし。
後は快眠、規則正しい生活、ノーストレスののんびりライフ♪
要は楽しく生きていけばいいってことよね!

しかし、最近は蕗って切ってビニールに入って売られてるんですね・・・。
長くないと気分が出ないし、おいしくなさそうに見える~。
それに!葉っぱが棄てられてた!
佃煮大好きなのに、すごく損した気分です・・・・。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(3) 
共通テーマ:グルメ・料理

深川丼・白和え・浜炒り [Le Creusetの料理]

さぁ、今日も2記事目です。
1記事目はラクしておいしく健康になろうシリーズです(http://blog.so-net.ne.jp/mamaru/2007-03-08)。ホメオパシーがヒットした話題なのだ。

で、昨日、パパがスキーから帰ってくるはずだったのに!
なんと
「イノシシの肉が手に入ったから、鍋をやる話になってさぁ・・・もう一泊してもいい?」
なにぃぃぃぃ!
私だって食べたいぞぉ!
それに・・・パパパパ言ってる長男、どうすんのよ。
今朝だって大変だったけど、今夜帰ってくるって言ってなだめたのに・・・あー、もう!
「パパパパ言ってる人がいるんだけど・・・。こっちにはマグロの頭があるし、イノシシ鍋ならうちでもできるよ!(怒)」
「でも、なんかそういう流れになっちゃってさぁ・・・」
「・・・。イノシシ鍋には味噌とゴボウと山椒があうよ・・・」
なんと親切な私・・・。

くぅぅぅ!
こういう悔しいときはおいしいもんを食べるに限るっ。
でも、乳幼児抱えて、でかけるわけにもいかないし、結局自分で作るしかないやんけ!
くぅぅぅ!

ということで、昨夜は
・深川丼
・白和え
・ひこいわしの浜炒り
・春キャベツと新じゃがの和風スープ
というラインナップでございました。

ということで、恒例のレシピです。
ちなみに、深川丼はアサリでやるものですが、今日はたまたま青柳のむき身があったので、青柳で作っちゃいました☆長ネギを大量に消費するので、前回のイカの炒め物(http://blog.so-net.ne.jp/mamaru/2007-03-06)と同じく、長ネギの在庫がぁぁ!という場合にもオススメ

そうそう、一応、パパは今日、保育園のお迎えに行ってくださるそうなので、許してあげるのだ。
なんと寛容な私!

■深川丼
《材料》
ご飯 あさりのむき身(殻つきでもできるよ) 長ネギ 味噌  だし汁
《作り方》
1 だし汁にアサリと長ネギを切ったものを入れて煮る
2 味噌(醤油や砂糖を隠し味にしても)で味つけして一煮立ち
3 ご飯にかける
※要はみそ汁ぶっかけご飯。ということで、かけなくてみそ汁で食べてもおいしいよ。

■白和え
《材料》
豆腐 ほうれん草 ゴボウ・人参・椎茸(干し椎茸も可)・こんにゃく・・・など 味噌 砂糖
《作り方》
1 豆腐を水切りする(レンジを使ってもよい)
2 ほうれん草をゆでて刻む
3 野菜類をこまかく刻んで煮る
  ※ゴボウは一度水か酢水にさらす
  ※干し椎茸を使う場合は戻して戻し汁で煮るとよい
  ※ひじき煮(http://blog.so-net.ne.jp/mamaru/2006-12-06)が余ってたらそれでもOK!
4 2と3を崩した豆腐で和え、味噌と砂糖少々で味つけする
※野菜を小さく刻んでおくと幼児食にもオススメです!

■ひこいわしの浜炒り
《材料》
ひこいわし(背黒いわし) 塩 水
《作り方》
1 いわしの頭とわたを手でちぎり取り、薄い塩水で洗う
2 1を鍋に入れ、海水より薄めの塩水をひたひたに注ぎ、ゆでて水分を飛ばす
※ひこいわしはオイルサーディンの原料!
 かなり廉価で出ているし、包丁いらずなので、新鮮なのを見つけたらぜひお試しください。

さて、今夜はいよいよマグロの頭のロースト!
それに、木の葉さんの絶品ちらし寿司が届くことになった!
わーい、嬉しいし、楽ちん~。
楽しみだわ~♪


nice!(3)  コメント(9)  トラックバック(2) 
共通テーマ:グルメ・料理
前の10件 | - Le Creusetの料理 ブログトップ
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。