So-net無料ブログ作成
検索選択

年越準備 [わたしモノがたり]

メリークリスマス☆

一足早く、本日仕事納め。
今年も一年頑張りました!!
来年もよろしくお願いします♪

そして、昨日はいただいたToyストーリ3で泣いちゃいました・・・。
涙腺ゆるすぎるかな???

さて。

先週、今週と感染性胃腸炎があったので、やばいと思って仕事を早々と頑張って片付けたら、今日はなんだか手が空いてしまい、しょうがないので、PTAの宿題を少々。でも、家の、年賀状やらなんだかんだの年越し準備ができておらず・・・今宵から頑張らねば。

ということで我が身の備忘録代わり。

■完了LIST
・忘年会準備(ボウリング場手配、景品手配ほか。でも、忘年会行けないし!要は幹事のみですな。ていうか仕事しなさいって感じ?)
・退職者送別準備(花束購入、各種ご連絡、新任研修ほか。これまた仕事しなさいですね)
・帰省のお土産手配&年越しのごちそう手配
・航空券手配(しかし遅くて3日の飛行機取れず)
・X'masプレゼント手配(私の極楽なのに今年はパパがやる気!)
・X'masパーティ1(体調不良で流れて新年会に)
・X'masパーティ2(和食。すず音、梅酒シャンパン(微妙)、シャンパン、アップルタイザー、宮城直送ホタテ刺身、宮城直送子持ちカレイ煮付、里芋の子芋煮転がし、ふろふき大根の柚子味噌付、かぼちゃの煮付[冬至ですから]、ほうれん草の胡麻よごし、大豆と昆布の煮物、菜飯、ケーキ、サンタさんのショートブレッド)
・X'masパーティ3(本日!木の葉さん夫妻と。鶏の丸焼き、ローストビーフ、生春巻き、ナポリタン、大根のコンソメ煮、プチトマト、ほうれん草ボイル、シャンパン、赤ワイン。でも、その前に職場でみんなとシャンパン&ケーキ)
・X'masケーキ(12/25用)手配
・サンタウェア購入(百円均一で450円の2着!長男にはやや小さい)
・新年会1日程調整
・新年会2日程調整
・PTA会報春号原稿制作&整理&入稿(一番の気がかりだった!)
・ジムで最後のトレーニング!
・長男入学祝の内祝い(遅すぎです・・・)
・姪っ子誕生の誕生祝い(パパがやってくれました!)

■未済LIST
【年内】
・サンタさん(今日いまから!)
・年賀状
・帰省荷造り
・年内最後のプール
・年内最後のそろばん
・X'masパーティ4(パパを入れて明日!おうちケーキだじょ)
・X'masパーティ5(昼間から飲むんだい!生パスタかな)
・くまちゃん帽子制作(手作りは楽しい!)
・年明けから始まるアートワークショップ3回の支払い
【年明】
・Nちゃんと遊ぶぞ!
吉祥寺美術館&井の頭公園(http://iwaisanchi.exblog.jp/15110597/
・チェブラーシカの映画(http://www.cheb-project.com/
横浜ツアー
・学童の弁当づくり(子供は映画シアター連日らしい)
・五輪選手のバスケットボールワークショップ
・新年会1
・新年会2(X'mas延期分)
【両方】
・子供と宿題

いやー、今年も張り切って年末年始過ごしてますよ!
っていうかまだまだやることたくさん・・・。

でもLEGO7952Kingdomのアドベントは今朝最終をあけたら、青い魔法使いだった!もうひとつのお菓子アド弁とは明日の朝、最終・・・。あぁ、クリスマスもあとわずか・・・。

といいながら、後2日楽しんじゃうんですけどね!

最近文学作品の読書にいそしんじゃってます。
春樹さん、龍さん、重松清さん、星野智幸さん・・・などなどなど。
珍しく小説を読んでいる日々。
文学っていろいろなことを考えさせるんですよねぇ・・・。

そんなことを考えながら今宵も更けていくのでした。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

感染性胃腸炎 [からだモノがたり]

いやはやー
先週から今週にかけて、子供たち病気ドミノ倒し!

冬になったなぁ・・・
と思わせる感染性胃腸炎の登場です
とほほ

まず発症したのは長男

朝、「おなかいたいかも・・・」といい
でも、彼は天気が悪いと不調になるのと、本人が学校に行きたいとおっしゃる

ところが、登校後1時間・・・職場に電話がかかってきました
「長男君が嘔吐したのでお迎えを」
「はい!」

職場の朝会やって、一時退出
この日は夜会議だったので、木の葉さんのHELPを依頼
一路小学校

長男を保健室でピックアップして帰宅
木の葉さんの到着を待ち、預けて職場へ

お昼休みに帰宅
とりあえず吐き気はおさまったかな?

再びお仕事
夕方次男を保育園から連れて帰宅
木の葉さん外出なので、パパ帰宅まで子守
長男発熱
小児科に連れて行ってもらう

そして翌朝、長男がおなかを下す
3回ほどピーシャー
朝ばたばた
その後、解熱
でも、その日は食事不可

ままは仕事を休む
次男ずる休み
うつるからやめてほしいのに・・・
でも、長男は遊べるようになり、食事もぼちぼち

金曜日、長男のおなか復活
でも、腹痛が残り学校はお休み

土曜日、再び長男が腹痛を訴え
まぁ、でも、大丈夫か?
木の葉さんちに遊びに行く

子供たち、夕方銭湯へ

日曜日、未明の2時半
「ママ、気持ち悪・・・おなか痛い・・・」
次男に起こされる

それから朝8時まで30分起きに嘔吐
治まったところで、友人の結婚式へ・・・

長男は復活し、じいじが後楽園へ連れ出す
次男爆睡・・・

午後、
「次男君、熱高い、バニラアイスを」
のメール

3時過ぎにアイス購入し帰宅
熱を測ると、「39度1分!!!!!」
とりあえず解熱カロナール

そこで次男おなか下す
2回ピーシャー

寝る・・・
夜中にうなされる

翌朝、月曜日は37度台
とりあえず午前は仕事を休み小児科へ
治ったはずの長男が再び腹痛を訴え
単なる便秘かも?とは思うが用心

この日は午前中にこどもたちおむすびを食す
しかし午後は長男しか食べられず
午後は木の葉さんHELP

そして今朝
朝から木の葉さん出動
長男はようやく学校へ!

次男は36度台に解熱
しかし午前中は腹痛、食欲いまいち
昼過ぎもあまり食べず
パン2つとうどん少々

夕方から食欲復活
菜めしおむすび2個、パンなど食べ始める
ブロッコリー、大根煮、大豆の昆布煮など

たこやきが食べたいといい急遽用意

・・・ということで今、二人はすやすやと熟睡
次男は急激にお元気になっていますが・・・

明日の朝、どうだろうねぇ。
様子がよければ朝小児科に連れて行き登園許可もらって保育園へ
無理なら明日も仕事休みです・・・
夕方だけ退職する子に花束届けにいくけどね。

まぁ、年末年始に向けて無理なくというところですね。
仕事が割と片付いていてよかったです・・・。
細かくいろいろあるんだけどね。

さっきテレビで、今年は新型ノロウイルスがはやっているとか。
薬局で大人も移るから気をつけてといわれました。

うちのはノロじゃないみたいだけどね。

いや、ほんと、冬の到来を感じる夜なのでした。
nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:育児

さがみ湖プレジャーフォレスト&ピカソのたまご [こどものおでかけ]

まったくいつの記事だか!

と自分で突っ込みながらの更新ですが、さかのぼること2ヶ月・・・
10月の体育の日のおでかけの記事を今頃更新してみます。

だってぇ、せっかく取材?してきたんだもん!
施設はあるし、タイムリーさにかけることはお許しください。
子供たちとの暮らしの記録が欠けているとなんか気持ち悪いし。

前に書いた記事(http://mamaru-vol1.blog.so-net.ne.jp/2010-11-26)でちょこっと書いてますが、夏のTDLツアーでおなじみ?のNちゃんファミリーのお誘いで、さがみ湖プレジャーフォレスト(http://www.sagamiko-resort.jp/onsen)に行ってきました。

ま、ハイカラな名前ですが、昔の相模湖ピクニックランド、ですわな。

ここで一番楽しみだったのが「ピカソのたまご」。
春に長男がスイミングの遠足で訪れているのですが、あいにくの雨天。
これはお預けだったわけなのです。

公園でもジャングルジムやアスレティックの類が超好きな長男。
さらに「ピカソ」と来ればママが気になる。

ということで、絶対に行ってみたいゾ!と思っていたスポットだったのです。
幸い、これまた珍しいことに、秋のお休みの日にパパが休みという!ラッキー!
やっぱりここは電車では行きにくいですしね~。

WEBで調べてみたら、メルマガ会員になると入場料が激安!
ということでさっそく登録してクーポンをダウンロード。
行くなら、登録した方が絶対にお得です。

最近ちょっと賢くなったかも♪うふふ♪

あああ・・・写真がハロウィンですよ。
Image7.jpg
なんと季節感のない・・・まぁ、10月の記事だからしょうがないんだけど。
きっと今はクリスマスイルミネーションとかなんだろうなぁ。

このときはかぼちゃごろごろ、野菜の収穫体験もあり、秋の収穫祭な雰囲気。

そういえば、プレジャーフォレストのキャラクターはクマのパディントンなんですよね。
私、子供のころ、一時パディントンにはまってて、すごい本を読んだ記憶がある。
そんなわけで何となく懐かしさもふつふつ・・・。

我が家は最初にピカソのたまごに行ったのですが、これは面白かった!
Image6.jpg
あいにくの雨で、ちょっとできないものもありましたが、造形的にも面白いあれこれのアスレティックに子ども達は夢中!です。写真でも、面白いでしょう?

小さい子供は親と手をつないで・・・と言われ、次男はママやパパと一緒に・・・と思いきや、あああ!この細い隙間は大人は通れない!ということで、子供が勝手に細い隙間を迷路のごとく進んでしまい、親は自分が通れる場所を探して大慌て、ということも良くありました・・・。

また、親はかなり身体をいろいろと動かして通らなくちゃいけなかったり、親子とも苦戦するところがあったり・・・うえー、翌日は筋肉痛だよぉ、といいながら、結構やってしまいました。

長男は運動能力が割とお猿系で、この手の運動が大好きなので、ほんと飽きもせず、何度も何度もやっていました。次男はちょこまか系で、そのうち飽きて、「乗物!」とのこと。そこで、長男とNちゃんはなんとなく親が気にしながら放牧、次男はパパと乗物、と分かれて過ごすことに。

プレジャーフォレストは、ゴーカートっぽい乗物がいろいろあったり、結構面白いんですけど、これが回転効率がほんっと悪くて、ディズニーランドか!と思うくらいの待ち時間・・・体育の日で本当によいお天気だったこともあるんでしょうけど、効率悪すぎ!な感じでした。

でも、乗物乗りたい次男は頑張ってましたけどね。

後はそりや雪で遊べたり、観覧車に乗ったり。そりは、次男は割と楽勝で滑れるのですが、体重の重い長男になると親がかなり加速してあげないとスピードが出ず、ママもがんばったし、Nちゃんパパが二人を頑張って加速してくれたおかげで助かりました。

それとここの難点は食事。

Nちゃんファミリーはコテージ一泊だったのでバーベキュー済みだったから、他の食事、と思いつつ、子ども達はあれこれ遊びたい、というわけで観覧車のほうにリフトで登って食事をしようと思ったら、あれもこれも売り切れ!おやつでもコロッケが売り切れ! ええっ売り切れ?!ありえないだろー。

バーベキュー予約するのでなければ、かつての「ピクニックランド」ということでお弁当持参でピクニックに行くべきだったのかしら・・・。

カレーやラーメンくらいあってほしいと思った我が家でありました。

しかし、観覧車から見た高速は渋滞がものすごい!
さすが中央道。

ということで、プレジャーフォレストの後、その近くの温泉「藤野やまなみ温泉」へ(http://www.yamanami-onsen.jp/)。どうせ車に乗ったら子供たちは撃沈だし、お風呂に入れてご飯を食べれば後は寝るだけですからね!渋滞ならば遅めに帰るほうがいいだろう、なんて言っていってみたら・・・

えっ!?熊が出るの?!

なんて驚きながら入浴してきました。うーん、いい湯だったぁ。
源泉かけ流しなんですけど、温泉スタンドもあったらしい。

そして、何よりここは食堂がおいしかったです!
野菜山盛りで家庭の味な感じ。
野菜や物産もちょっとあって、道の駅とか大好きなママは小躍りしたのでありました。

そういえば「ピカソのたまご」ってグリンパとかほかのところにもあるみたいですね。
同じものなんだろうか?

保育園で配られている割引券が気になってしょうがない私でした。
nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

福島・アクアマリンふくしま&ハワイアンズ [こどものおでかけ]

今月は、毎週水曜日は忘年会!
なーんて感じで、(仕事がらみだったりもしますが)ママは羽を伸ばしてます。
ですが、先月、先々月は結構こども行事に励んでいたんですよ。

11月の最後の土日、超珍しいことにパパが連休取れることが判明!
ということで、長男の誕生日祝いにどこかに行くことになりました。

ただ、土曜日は午前中、長男が通う4回開催の科学教室があり。
なので、お昼からお出かけして一泊して帰宅、というスケジュールになりました。

当初、「TDL!」といっていた長男でしたが「釣り!」「ハワイアンズ!」と希望が変遷。さらに、パパも前回のハワイアンズ(http://mamaru-vol1.blog.so-net.ne.jp/2009-11-20-1)のときから、「ハワイアンズに泊まってみたい」と言い、結局ハワイアンズに決まったのでありました。

ですが。1ヶ月前に宿泊を予約しようとしても、ハワイアンズ付属のホテルは満杯。

さらに、ハワイアンズは宿泊者特典のチケットだと2日券でも1日券よりお得らしく、特典のある宿泊先で、温泉があって美味しそうなところ・・・とか思うと、なかなか見つからなくて・・・。うーん・・・もっと早めに計画しておけばよかった。とほほ・・・。

でも、いわき湯本温泉で手頃な宿を発見。お魚料理もご自慢、とのこと。最終的にお食事は感激!というほどまでではなかったですが、アワビ踊り焼きとかついててもお値段はリーズナブル。さらに温泉が予想外によくて(湯船は狭かったけど温泉が良かった)、あそび狂って泊まるだけ、という旅にはぴったりでした。

それで、1日目、昼出発だと到着が3時過ぎになるから、どこで遊ぼう?ハワイアンズに2日間行く?という話もありましたが、以前から時々話題にしているフリーマガジン「どうぶつのくに」(http://www.doubutsu-no-kuni.net/)で、「アクアマリンふくしま」が掲載されていたのが記憶によみがえったのです。

「どうぶつのくに」はビジュアルがとても美しくて毎号楽しみにしている雑誌なのですが、以前は上野動物園だけだったのが、最近では全国各地の動物園や水族館を紹介してくれるんで、あちこち行きたくなって困っちゃうんですよね~。「へぇ、こんな施設があったんだ!」と毎号驚きの連続。いつか全国制覇したいです。

ということで、調べたら、ハワイアンズととっても近かった!そして旅程が決まりました。

ドライブはパパ任せ。ママは・・・途中爆睡してました。
なんでだったか前の日夜更かしだったんですよね~。記憶が途中すっ飛んでます。

で、見えてきましたよ!「アクアマリンふくしま」!
Image2.jpg
おおっ、でっかいし、なんかすんごいモダンな建物なんですけど!
10周年なんですって。知らなかった!

近くには話題だった海上保安庁の船。

入口に入るといきなりでっかいお魚の模型がお出迎え。一瞬上野の国立科学博物館を思い出しました。子ども達はちょっとひるんでたけど、ママの期待は高まります。

ふくしまの海は親潮と黒潮の潮目の海が特長とのこと。
そんな郷土の海や自然を特長に、さまざまなお魚などが見られます。

地味ですが、サンマの展示が私はびっくり!マグロも奄美かどこか遠くの海から運んで展示していてすごいんですけど、私はサンマを人工飼育して展示しているところに驚きました。クリオネもいたし、それから、ふくしま名物のお魚メヒカリの展示もありました。

最後のところでバックステージで頑張る方々のビデオを拝見しましたが、ほんとすごい職人魂を感じる水族館です。時間が終わっていて参加できなかったけれど、バックステージツアーはぜひ参加してみたかった!

また、熱帯雨林は温室でジャングルで、鳥もいたりするんです。
Image4.jpg
それから、子供の体験コーナーではカメレオンやへび、お猿さんもいました!
お魚だけでなくいろいろな生き物に触れられるのがまた面白いの。
このコーナーは水槽も面白くて、水槽の下に潜って岩の下にいる伊勢エビが見えたり。
子供と一緒に行くと、大人も気づかぬことを教えてくれるのでした。

さらに、ここはお魚釣りもできるんです!!
我が家は遅く行ったから見るだけで精一杯でしたが、次回は絶対に釣りもやりたい。
しかも!釣った魚をそこで唐揚げにしてくれるサービスが!!!!!
我が家はお魚さばいて料理しますが、旅行先でこれは嬉しいですよね。
お魚調理が苦手なママだったらなおのこと嬉しいことでしょう。

釣ったものを食べる体験は得難いモノだと思います。

後で宿泊先の方にうかがったら、この釣りの施設ができて、県内の方が年間パスポートを購入して通うケースが増えたんですって。それまでは、1回行ってそれきり、という感じだったそうなので、この試みはヒット、というところでしょうか。
Image3.jpg
また、ビオトープも面白いのです。

ところどころ、その中が見えるようになっていましたし、我が家は寒い季節の夕方(っていうか半分もう夜でした)の来訪だったから止めたけど、水の中にじゃぶじゃぶ行って、生き物に触れられるコーナーも充実。これは絶対に夏の昼間に訪れて子ども達に体験させたいところです。

ミュージアムショップのグッズも可愛いモノが超充実してた~!

いつもなら、ここで戦利品ご披露、というところですが、今回は理性とパパの視線が私を止めました・・・。次男も買う気満々だったんだけど、いつでも何でも買うとありがたみがないぞ、と一生懸命自分をおさえるママでした。たまにそんなことしても無駄?(笑)
Image5.jpg
あ、でも1つ買ったのは、シーラカンスのお面。完成品が100円でした。もう夜だったので作る体験は終わってたんだけど、できあがったのを無人販売してたので、子ども達に購入したら超喜んでいました。

シーラカンスの研究もこの館の特長なんですね。

シーラカンスの洞窟を懐中電灯で探すような展示とかも面白かったし、シーラカンス関係のいろいろなことは、大人も「ほぉ~」とうならせられました。

そして、外に出たら、わぁ!イルミネーションがキレイ~!!
エレベーター(上に登ると展望台になってる)がクリスマスカラーでしたよ。

・・・ということで、3時間弱だったかなぁ、満喫して宿に行きましたが、あそこなら半日以上遊べちゃうし、これはまた行きたい水族館の今のところ筆頭かも!本当に面白いです。

このお隣に「いわきラ・ラ・ミュウ」(http://www.lalamew.jp/index.php)というショッピングセンターや水族館の分館みたいなところもあったんだけど、時間切れでいけなかった!!行きたかった!ていうか、また今度絶対に行くぞ、って感じ!

一泊して翌日は朝9時から夕方6時近くまでハワイアンズにて、これまた満喫して遊びまくってふやけてきましたが、いやー、今回の旅は本当に充実していて良かったです。

唯一の困ったことは、ママのお腹に少々お肉がついたのが家族にばれたこと・・・。男三人で「ダイエット!」と迫ってくる・・・忘年会シーズンなのにちょっと楽しめない私なのでした。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

ひつじのショーンのニット帽 [てづくりモノがたり]

日曜日、久々に思い立って編み物しちゃいました。

前回の編み物はブログの記録によると2年以上前(http://mamaru-vol1.blog.so-net.ne.jp/2008-02-11)。次男が物心ついてから、工作や料理以外に手作りしてる姿見せてなかったってことになりますね・・・。あ、そうでもないか。連絡帳カバーとか作ってるもん。

・・・ていうか、手作りしてるのってニット帽か連絡帳カバーくらいだったりして。たはは。

さて、皆さん、「ひつじのショーン」(http://www.shaunthesheep.jp/)ってご存じですか? むしろ「ウォレスとグルミット」のほうがわかる人が多いのかもしれませんね。今、NHK教育テレビで日曜日の朝7時から放送していて、毎週欠かさず見ている我が家。

実は前に放送されていた頃から大ファンで、木の葉さんもDVD買っちゃったくらいで。

ペンギンズ同様に、もう家族ぐるみで楽しみにしている番組なのです。

日曜日の朝、いつものように、ショーンを見て、ヒーロー番組見ていたとき・・・
「先週は夜更かしが続いて、ちょっと二人とも疲れているし、今夜はスイミングのクリスマス会だから昼間はおとなしくしておこうね」
「うん。あ、そうだ。サンタ帽子は?今日かぶっていく!」
「次男君のは去年壊れちゃったよ~」
「えー!」
「じゃあ、後で百円ショップに買いに行こうか」
「うん」
・・・

そこで、ぽけーっとしていたら急にひらめきました。
「そうだ!ショーンの帽子があったらかぶる?」
「うん!ショーン!」

ということで押し入れごそごそ。
毛糸を探してみたら、おっ、いい感じのものがあるじゃありませんか。
そんなわけで急遽かぎ針編みを開始。

「えっと・・・これ夜までに編み上げたいから、サンタ帽子はいらない?」
「うん!いらない!」

子ども達は遊んだり、テレビ見たり、まぁ、家でのんびりして、ママはひたすら編む編む編む・・・約1時間半が経過しました。

「できたー!」
結構いい感じ。
「やったー!」
おっ、次男君、似合うじゃありませんか。
「僕もー♪」
・・・長男君・・・いまいちかも・・・
顔のカタチがちょっと違うんだな。

「あー、長男君は、お友達の犬(ビッツアー)にしたら?」
「えー・・・あ、でもそうだね。犬もいいね」

ということで今度は犬を編む編む編む・・・。

しかし、犬は結構面倒くさい。
さらに、長男君は頭の鉢がでかいので、編む量が多い・・・。
感覚的には、弟の倍くらい編んだ感じ。

結局、スイミングのクリスマス会に行くまでに間に合わなかったの。

でも、子ども達が参加している1時間半の間、ママはジムをやろうとしたけど、クリスマス会のために営業が早く終了するそうで・・・結局運動は断念して自宅で編む編む編む・・・。

ということで、帰宅するまでに仕上げましたよ!
ただ、長男君の頭のサイズと合わせたかったので仮留めして仕上げは帰宅後でしたが。

できあがった帽子たちがこちらです♪
Image1.jpg
ショーンの帽子は、お耳にモヘアを使っているのがポイント。ズームで写すのはどうか?というくらいの適当編みですが、ほんのりくぼんでいい感じな上に、モヘアが絡まり合って、かなり耳っぽいんです。本当は白い部分も変わり毛糸かモヘアでも良かったかもしれないけれど、普通の並太です。肌触りはそのほうがいいですよね。

耳の部分が、ビミョーに耳当て風で、それも可愛い!!

そして、次男は顔のカタチがショーンぽいので、かなり似た感じです。
でも、ショーンって知ってる人が少ないのでスヌーピーと言われてしまうのが難点・・・。
確かにスヌーピー・・・。

今はショーンの録画を見るたびに、トピックス間のダンスを覚えて、上手にやってます!

それからビッツアーの帽子のポイントは帽子ですね。
これは昔、木のおもちゃ屋さんで購入したママ秘蔵の毛糸。
草木染めで超極太、あまよりで25gしかなかったので、足りるか心配でした。

丸く編んだら自然とビッツァーの帽子風にクルンとそってくれました。

また、長男用の帽子はやや深めの仕上げ。
その方がなんとなくビッツアーっぽい雰囲気が出るので。

二人はさっそくこれをかぶって記念写真
ショーンとビッツアーが肩を組んでいるシーンにそっくり☆

この冬、大活躍してくれそうです♪


小規模校の利点 [こどもモノがたり]

先週の土曜日は学芸会でした。

長男たちは「おかしのすきなかいぞくのおかしなおかしなたび」(だったかな)を熱演。
各学年力作で、びっくりしました。

PTA広報としても、やっぱり大きな行事になる学芸会。

でも、暗い会場だから、素人写真はどうか・・・と、写真屋さんに借りてはどうか、と話していたのですが、まぁ、撮るだけとってみましょうということになり。ということで、まぁ、それなら頑張るかぁと、たまたまパパがお休みだったから次男をパパに預けて、一眼レフ持って朝から会場入りし、頑張って、写真撮ってきました。

いやぁ、長いレンズがあると、体育館の後ろの座席からでもばっちりいけるね♪

・・・結局、やらないなら気楽なんだけど、やるとなるとそれなりにちゃんとやらないと嫌なんだよねぇ。写真撮りながら見ると純粋には楽しめないしさぁ。はぁ、面倒な性分だわ。

ちょうど、いま、就学時検診やら来年の新入生たちが、どこの小学校にしようかなと悩んでいると思うのですが、実際、去年、わが子が通う学校の評判を聞くと「子供が少ないからねぇ」とどっちかっていうと否定的な感じの意見か、または、口コミが皆無!って感じだったのを思い出します。

まぁ、でも、近いのはいいよね~、公立なら大してやることも変わらないし、少なくて子供が育たないんだったら過疎地なんかやっていけないじゃん、なんて、結局、最寄の小規模校を選んだわけですが、こうしていろいろと経験してみると、なんか悪くない選択だったかなぁ、と。

大規模校にも、もちろん、いいところはあるんだと思うけれど、そういうのって口コミとかで聞けることが多いから、あえて小規模校の利点、って挙げてみることにしました。

まず、毎日の学校生活では、やっぱりお勉強なんかも、先生が行き届く感じがするなぁ、と思います。だって、授業サポートが入れば約10名強に1名の教員ですからね。35名の学級だったら、17~8名に1名だから、普段22名に1名で授業やってるうちの子たちと変わらないわけで。

そういう意味では、おそらく今後、より難易度の高い学習になったときに効果がより明確なんだろうなと思います。

学芸会でも、その指導の丁寧さは感じました。

歌に踊り、琴に竹馬、跳び箱、一輪車・・・小道具づくりに、大道具づくり。
単なるせりふまわしだけではなく、いやぁ、こんなにバラエティに富んだ舞台になるなんて。

また、せりふだって、それぞれの子供たちが十分「やった!」って満足感、達成感が得られるくらい十分の出番があります。22名でやってても、劇の前半後半でダブルキャスト、トリプルキャストとかだったりして、親としては「もっと見たい~!」って感じだったりしますが、これが35名2クラス70名だったら、きっとせりふは1人1つとか、木の役、とかになるわけですよね。

もちろん、そういう大勢での劇もきっと素敵だと思うけれど、少ない人数だと、全員が主役、みたいな感じで、それぞれがそれぞれの役割を十分達成するという喜びがあるな、と思いました。

大勢の学校だと、1日ではなく学芸会が2日開催で、1日はこどもたちが見る日、もう1日は親御さんが見る日、で、土日つぶれちゃったりするみたいですね。うちは人数が少ないから、まぁ、1日で一緒に見られて、それも嬉しい感じです。

運動会も、1学年3クラスの学校では、朝から場所取り、よく見える席は競技ごとに入れ替えだから他学年の競技は見えない・・・なんて聞きますが、うちは場所取りもいらず、みんながのんびりと集まり、全学年の競技を全学年とその家族たちが応援してて、すごくいい感じ。

さらに、上級生になったら全員が金管楽器やるみたいで。

私なんか1学年4クラスで育ったから、鼓笛もできない子はリコーダーとかピアニカで、派手なのは大太鼓や小太鼓などの打楽器、金管なんていなくって、って感じで、学芸会で、個人的に習っている子がフルートやバイオリンをやってたのが記憶にあるくらいで、金管なんて学校で習うものじゃないという印象があったけど、全員がそれをやれるってすごいと思いません?

トランペットなんて一生触らないで過ごしちゃいそうな私なので、ちょっと子供たちがうらやましいです。

親同士も、22名だって、まだ顔のわからない親御さんとかいらっしゃるのに、これが70名とか、100名だったら、きっと卒業までわからないですよね・・・。200名くらいだと、他の学年の親御さんとかも、PTAやらいろいろなことで顔見知りになったりして、意外と面白いです。

ていうか、逆に、他の学年のかたがたと、親同士も、子供同士も、仲良くなるから、それが私は逆に楽しいかも。なんか昔から「均一」という環境があまり好きではないので、こういう風に社会同様にごちゃっと混ざってる学校環境って、悪くないな~というのが実感だったりします。

閉塞感がない、というか。

小規模校って、「こういうところがいいよ~」って話をなかなか聞けないし、実際、いま、他の学校に行った1年生のママたちと話していると、大規模校の利点も難点も客観的に見えてくるけど、去年はそういう「本当の選択の根拠として有益な情報」って本当に耳にすることがなかった。

大体、どこか1つの経験しかない人に聞くか、これから選ぼうとしていて比較による根拠がないママに聞くか、既にどこかに子供を通わせていて迷わない人に聞くから、結局、人の口コミって、ほとんどうわさやその人の個人の意見や感想に過ぎなかったなぁ、って思う。

まぁ、私があまり積極的に情報収集してないからってのもあるんだけど・・・。

それにしても、やっぱり学校説明会とかで、こういういいな、と思うところを上手にプレゼンすることって必要だよなぁと思う。先生方はとっても一生懸命だったし、まじめで熱心だったし、入ってほしい!という切実感は感じたけれど、でも、どっちにしょうかなって悩んでいる人に「えっ、こっちもいいじゃん!」って思わせる感じがうまく伝わらなかったなって思う。

併設する公立幼稚園からの進学の場合は、日常的に接しているし、人間関係もできているけれど、保育園や私立幼稚園からの進学の場合は、小規模校だと1~2名ずつしかいなかったりして、親も子供も何かと不安があるし、情報を持っていないんだけど、そういう中で参加して「安心」や「確かさ」「魅力」を強く感じられるような何かが、もう少しあると、嬉しいなぁって。

PTA広報も、まぁ、できることしかできないんだけど、ちょうどWEBの作成とかも考えているようなので、そんな思いを少しでも何かの形にできるように、無理のない範囲で、いま自分ができることを生かして、なにかできることがあったらやるかなーとか、ぼんやりと考える夜なのでした。

自分のブログも放置してるのにできるのかな?(苦笑)
nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:育児

小1、楽しく学ぶ。 [こどもモノがたり]

長男の小学校1年生生活も、2学期があと1か月、と、ずいぶんと慣れてきました。

今月から、そろばん(http://mamaru-vol1.blog.so-net.ne.jp/2010-10-15)も週2回。

それまで、学校→ひろば→自宅→そろばん→自宅、で、自宅への一時帰宅のときには誰かががいるような感じだったのですが、週2回に増やす代わりに、ちゃんと自分で対応できるようにするお約束をしました。今でもたまに木の葉さんが来てくれているけれど、ようやく1ヶ月経過して自力で対応できるようになった感じです。

最近は、そろばんの日はひろばに行かずそのまま自宅に。2時半過ぎに帰宅し、そろばんは3時半以降適当な時間にスタートなのですが、慣れるまでは、家で1時間弱過ごすのが寂しくて、帰宅してママに電話しておやつを食べると、3時頃にはもうママの職場にひょっこり現れるので、しょうがなく職場のロビーで絵を描かせたりしていましたが、今週あたりになって、ようやく、帰宅→電話→おやつ→そろばんの宿題と学校の宿題→そろばん→ママの職場→保育園→帰宅、というような感じで、いいペースになってきました。

鍵の取り扱いや電話のかけかたも上手になり、結構しっかりしてきたかも。次男も、小学校生活に向けて、まずは鍵を開けてみる、とか、閉めてみる、とか、たまーにやりたがるとやらせはじめた感じ。3年くらいかけて、気長にやってると、親子とも慣れるなぁというのが実感です。

そろばんは、問題集ははや3冊目。なんだか楽しいようで、すごい勢いでやってます。

そんなわけで、計算問題は大好き。

学校の宿題が毎日、音読と何かのプリントが1枚って感じなのですが、計算20題だったら、だいたい1分40秒とかでやってます。なんか、突然タイムトライアルに凝ってて、時間を計れというので、しょうがなく百円ショップでストップウォッチを買ったりして。

計算ミスもなくなってきたし、こないだは、プリントやった上に、20題の答えを全部合計してて、二桁の数字同士を20個足す、ということが、なんなくできるようになっていてびっくりしました。で、驚いていたら、今度はその隣にあった=の左側の数字を全部20個足してたし。

なんか、計算するのが面白いんでしょうね。
こっちは、それを見てるのが不思議で面白いです。

また、最近は帰宅するとその日に習った漢字のことをよく話してくれます。
でも、おうちで書いている姿を見ないので、本当に書けるのか?と不思議だったので、今日、文房具屋さんの前を通ったついでに、漢字練習帳を買ってみました。

で、帰宅した長男に見せたら、なんと狂喜!「漢字書く~♪」とルンルンで、勉強しはじめました。
小学1年生の付録についてきた漢字の本で、1年生の配当漢字を順に読んであげると、「習った」「習ってない」と言い、習ったものはちょっと書き順が違うものもありましたが、おおむね読めるし、書けるのでびっくり。

書き順が違うものだけは、もう一度、書かせて練習しました。

漢字ってパーツに分けると、カタカナや他の漢字が出てくるからパズルみたいでしょ、って言ったら、うん!とかいって、未習の漢字も予習していました。10回とか書くと面倒くさくて嫌になっちゃうので、2回ずつくらい楽しく書いておしまい、だけど。

しかし、漢字の練習は音読や計算と違って、書き順を正しくしたほうがきれいに書けるから、横にくっついてみていないといけないのが面倒くさい・・・。とはいえ、まぁ、一応、国語の教員免許状を持っているので、これくらいはしないとな、と思ったりしつつ。

生活科では、英語とかもやるんですよね。

英語といえば、最近、次男が妙に発音よく覚えていたりします。
お兄ちゃんに届いたBE-GOとか、テレビとか、なんかで覚えるんだねぇ。

子供は耳がいいって本当なんだなぁと思いつつ、まぁ、自分自身、小学生時代英語をやってて単語とか覚えたけど、中学以降は単語の暗記とか発音とかぜんぜん好きじゃなくって結局、いまだに苦手意識があるのと、まぁ、留学もせず好きだということと肝心なときにNOVAに通ったくらいでパパは国際的に活躍してるんだから、必要なら覚えるさ、ということで、英語についてはおうちでは放置。

時々、近所のホテルのドアボーイのお兄ちゃんと英語で挨拶したり、パパがなんかを教えたりして英語に触れている程度です。

BE-GOは長男がお気に入りの可愛い系のキャラを育てるのが気にいったみたいだけど、DS以上にはまってとりこになる有様がちょっと私は怖くって・・・。勉強の継続のために習慣性がつくような仕組みになっているのはわかるのですが、ほんと、キャラが可愛いみたいで、食事の間も様子が見たい、ってそわそわ。

まぁ、飽きたらもうやらないのかもしれませんが、1回やったらそんな感じで、ちょっと怖かった。
しかも、ゲームが目的なので、英語がわかってるのかもよくわかんないし。語学だから、絵本を読んだり、外国の人に会ったりして、コミュニケーションすることで覚えてほしいなと思うのは親の欲かしらね・・・。

といいつつ、英語、というと、パパとやんなさい、と投げているママなのでした。

それから、理科系のことは、いまはあまりないようですが、博物館に行ったり、科学教室(といっても実験より工作みたいな感じだけど)に参加してみたり、一緒に自然や空を見たり、プラネタリウムや早稲田の理工展行ってみたり、と、時々体験的に触れる機会を作っています。

社会は・・・まぁ、何もしてないけど、地図や地球儀みたり、旅行したり、そこで買い物したり、日常のお買い物なんかしてれば、まぁ、それなりにいまはいいか、みたいな。

そのほか、我が家では、ものづくり魂、がやっぱり大切。
長男は図工が大好きなんだって。

これは、別に何をしたわけではないけど、長男も次男もお絵かきや工作が大好きに育ったので、とっても嬉しいけれど、でも、作品群が恐ろしい勢いで出来上がるので、忘れた頃に処分するのが大変だったりします。

全部飾ってあげたいけど、なんせ狭い家なので・・・。

後は体育は、プールと放牧で十分かな。
こないだミニバスにちょこっと行ってみたけど、まぁ、いまのうちだったら、適当にママとボール遊びしてればいいかぁ、と思ったし・・・。

いまどき、小学生ってゆとり教育で、勉強とか少ない?とか、情報を聞いているといろいろとどうなんだろう?と思うけど、まぁ、実際1年生になってみて、ふつーの公立小学校の宿題と、毎日の環境にあるいろいろな経験で子供って結構勝手に育つもんだなぁと。

なんかあれやこれや親が先走って与えなくても、いろいろとちょっと経験できるような環境だけ整えると、子供はその好奇心で自分に合ったものを選んだり、能力を伸ばしていくものだなぁと、見てて面白いです。

毎日一緒にいてあれこれやってあげられればいいんだけど、まぁ、時間は有限で、結局、朝晩と週末しか一緒にいてあげられないし、こうやって勝手に育っていくもんだ、と思えると結構気楽だなぁと。

そういえば、最近、そろばんに週2回行くものだから、学童保育は結局週2~3回くらいになってしまって。でも、週1くらいは映画だったり工作だったりイベントもあるし、やっぱり友達と一緒に遊べる時間でもあるから、長男自身は学童も行きたい、みたい。ひろばもたまに行くけれど。

しかし、去年の今頃、小学校選んでいた頃は、毎日学童保育行かないと駄目だから・・・なんて思っていたけど、いまじゃこんなだし、子供って成長するから「絶対こうじゃなくちゃ」って思っててもあっという間にクリアしちゃうんだろうなぁ・・・。すごいなぁ。若いって。

そうこうしている間に、きっとママなんか関係ないくらいに育っちゃうんだろうな・・・。

いまは、2人ともママべたべたで、時々、もー、こんなにくっついてばっかりいなくていいじゃん、とか言ったりしてますが、でも、一方で、そんな2人がめちゃくちゃ可愛くて、仕事も面白いけど、やっぱり一番は子供たちだなぁと、すっかりママばかになってしまっています。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:育児

おやすみの一日 [わたしモノがたり]

こんばんは
1ヶ月以上さぼってました

何してたって?

いやぁ、平日は、朝起きて、洗濯機にスイッチ入れて、ご飯用意して、朝ご飯食べて、洗濯を干して、長男を送り出して、次男と保育園に行き、職場に到着して仕事して、昼休みに買い物して一時帰宅、その後また午後頑張って、5時ちょっと前に職場を出て次男を保育園からピックアップ、帰宅すると長男が学童かそろばんから帰宅して、子ども達は宿題したり遊んだり録画見たりして、私はお風呂の支度して、食事を用意して、パパが早い日には帰宅したら子ども達とパパが入浴、その後家族でご飯を食べて、私は入浴したり、洗濯して、それで、8時過ぎには子ども達と寝室へ行き、絵本をそれぞれに2冊ずつ計4冊読み、ふと気づくとぬくもり1号2号の力で寝かしつけられていて・・・。

・・・と、だいたい、毎日こんな感じですね。

まぁ、たまには夜の会議があったり、休日出勤で2つほどでっかいイベントやってたり、その準備で珍しく急な残業しなくちゃいけなかったり、子ども達が風邪を引いて自分もうつって大変だったり、そんなこともありましたが、まぁ、概ね淡々と毎日繰り返していました。

その他、更新できなかったなぁというイベントについては、10月から、さがみ湖ピクニックランド(今はもっとハイカラな名前になってるけど)に子ども達の運動会、後輩の結婚式に、長男の科学教室、学童保育の運動会に、長男次男のミニバス体験、自分のバスケット(7年ぶりくらいか?)、長男の学芸会、などなど・・・、まぁ、いろいろありました。

さがみ湖トレジャーフォレストは、おでかけ記事をUPしようと写真を撮ってきて、デジカメから取り込みもしないでそのまんまかもしんない・・・。

いやー、家でPCのスイッチ、本当に入れてないし!
唯一入れたのって、長男に届いたBE-GOのお試しCD-ROMを長男がやりたがったときと、パパのPCが壊れちゃったから彼が使うときくらいで・・・。

というよりも。
9時以降に布団の外で活動してたのって、飲みに行っていた日とか会議で遅かった日とか、そんなときくらいで、たいてい、子ども達のぬくもりパワーにやられて、まったく夢の中にいた感じ。

なんか、年で体力が落ちてるのか、単にそういう生活習慣に楽しちゃってるのか・・・個人的には、昼間すんごい頑張って仕事してるから脳みそが疲れて寝ちゃうんだと信じることにしてますが(笑)

で、今日は、久々に自分の休日でした。

本当は、月曜日にお休みするはずだったんですけど、翌日開催される映画『ノルウェイの森』のジャパンプレミアのお仕事を担当していたので、きっと最終調整あるよなぁ、と金曜日にお休みをずらしていたのでした。

それで、何をしたかというと、まずは次男を保育園に送り、それからカフェでマシュマロラテを飲みながら新聞と漫画『モーニング』を読んで、銀行寄って、本屋さんに寄って、雑誌や小説、趣味の本、仕事の本など2万円くらい衝動買いして(財布にお金があるときの本屋というのは本当にだめですね)、10時に美容院に行って、カットと薦められるままにオイルマッサージとシャンプーしてもらって。

ふわふわと軽くなった頭で、お気に入りのお店でちょっと贅沢でおいしいランチを食べて、文房具やさんに寄って、おうちに帰ったら、長男が今日は午前授業だったことに気づき、ギリギリセーフ!

帰ってきた長男に、下敷きと漢字ノートをあげたら、狂喜して漢字の勉強をやりたがったので、1年生で習う漢字のおさらいをして(答えだけチェックすればいい計算と違って、漢字は書き順を見てあげたいから、こうやってゆっくり付き添って見てあげられるのって貴重だなぁとか思いつつ)、2時になったら保育園に向かい、次男をピックアップして、プールへ。

今日はプールは進級テストの日。次男をプールに入れたら、長男と私は駄菓子屋へ。こないだ長男がガムのあたりがでたので交換に行き、一人100円(私は次男の分)のお買い物。長男は一生懸命計算能力を発揮、私は久々の駄菓子屋に思わずときめいたりして。子ども達は互いの待ち時間におやつとオセロ。私は、隙をぬって朝購入した本の中から『チア男子』を読みながら、待っていました。

次男は進級できたけど、長男は残念だったみたい。まぁ、でも、既に私より綺麗なフォームで泳げるし(笑)。がっかりしていたので、進級したお友達が、長男とようやく一緒に泳げるってきっと喜ぶし、もう一回やるともっと綺麗なフォームになるから、後々いいよ、なんて慰めたりしながら、「僕進級したよね」と自慢する次男に声をかけ。

三人でのんびりと帰宅して、宿題を終えたら、子ども達はしばしDSタイム(ママがいて、いいよというときしかやれないのです)。その間に、ママは夕飯の支度をして、三人でご飯食べて、お風呂に入って、そして、子ども達は突如勉学に燃え、漢字とめいろに励み、そして、今日も絵本を読んで就寝・・・。

で、寝入っちゃいたいところでしたが、週末の準備にいそいそと起きてきて。
ようやく準備も一息したので、たまにはブログでも書こうかなぁとPCに向かっているのであります~。

明日、明後日も忙しい週末になりそう。
ていうか、またブログ記事になりそうなイベントが続くんだけど、アップできるのはいつの日になるのやら?

とほほ・・・。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

そろばん大好き☆ [こどもモノがたり]

8月の下旬のことでした。

Aちゃんママからのメール。
「そろばん教室が近くにあって体験行くから一緒にどう?」

おぉ、読み書きそろばん。
私が憧れの高校時代の同級生は頭の中にそろばんがあったぞ!

ということで、便乗して長男に体験にいってもらいました。

そうしたら、肝心のAちゃんは、号泣してNGで・・・

一方うちのは、何を思ったか
「そろばん面白い!毎日通ってもいい!!」
と日夜ねだるほど。

何がそんなにはまる要因なのだろうか・・・。
そんなわけで9月から週1回通っています。

今は「ちびっこそろばん2」を学習中。微妙にケアレスミスもあるので、100点にはならないことも少なくありませんが、概ね前後で推移しているような感じです。

9月はとりあえず休暇か木の葉さん対応で、
 学校→おうち→そろばん→帰宅
というのが支えによってできていた感じ。

ですが10月からは
 学校→ひろば→おうち→そろばん→帰宅
というわけで、鍵を閉めて出る!という難関あり。

あとは、夜が暗くなる季節。
そこらへんをどうするか、です。

我が家の場合学童までは徒歩10~15分。
学校から家まで3分、家からそろばんが5分で保育園の送迎の延長線。

・・・ってことを考えれば、特別扱いせず自力でできるところまでやらせたい!

で、とりあえず現状では、
 学校→ひろば→おうち→そろばん→帰宅
はばっちり!

しかも自宅の発着時点でママに電話することも覚えたしね。

11月からは夜になるのが早くなり、いつも通りの学童自主帰宅では道路が暗い。
でも、一方で、自宅待機を永くさせるのは嫌なモノで・・・。

となると、とりあえず
・自分の退勤時間の確保
子ども達の予定や導線の確保
・子ども達の安全確保
が最優先ではあります!

それができるようになったら、いよいよ月2回スタートかなぁ。

遠くの暗い道を経由したプールより、近くのそろばん!子ども達が習い事で煮詰まることのない程度に楽しんで体験できることを増やしていきたいなぁとつくづく思うママなのでした。
nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:育児

ベイブレード研究 [あそびモノがたり]

ふふふ・・・
おもちゃ魂健在ですわよ!

ベイブレード研究は結構面白い。

でも、トーマスの仲間達の違いを即座に覚える子ども達と違い、親の脳細胞は死滅しつつある感じ。なので、主要ベイブレード以外の多少の差が覚えきれないママなのであります・・・。

あぁ、年の差を感じるぞ!

それで、結局我が家はその後、以下のベイブレードが仲間入りしました。

まずは、Amazonでママが買っちゃったもの。
子ども達が改造するのにパーツの奪いあいで面倒くさかったので。
(Amazon画像を開こうとするが名称で選択できない・・・とほほ)


ベイブレード BB-72 ブースター アクアリオ105F

ベイブレード BB-72 ブースター アクアリオ105F

  • 出版社/メーカー: タカラトミー
  • メディア: おもちゃ&ホビー



ベイブレード BB-89 ブースター アリエス145D

ベイブレード BB-89 ブースター アリエス145D

  • 出版社/メーカー: タカラトミー
  • メディア: おもちゃ&ホビー



ベイブレード BB-73 3セグランチャーグリップ

ベイブレード BB-73 3セグランチャーグリップ

  • 出版社/メーカー: タカラトミー
  • メディア: おもちゃ&ホビー



ベイブレード BB-84 新メタルフェイスA

ベイブレード BB-84 新メタルフェイスA

  • 出版社/メーカー: タカラトミー
  • メディア: おもちゃ&ホビー


・・・なんて、ふふふ、ママ買いすぎですか?

でも!でも!
子供同士で喧嘩するのやだし、とりあえず改造のやり方を研究したいんだもーん!

で、木の葉さんが先日(http://mamaru-vol1.blog.so-net.ne.jp/2010-09-20)購入したのは、ベイブレードのギャラクシーペガシス。ランチャーこそ、私のと違うギザギザタイプ(ライトランチャーだっけか?)

こんなやつの黄色。

ベイブレード BB-34 ライトランチャー オレンジ

ベイブレード BB-34 ライトランチャー オレンジ

  • 出版社/メーカー: タカラトミー
  • メディア: おもちゃ&ホビー


が付いていたけど、同じコマだったのです。

で、先週だったかな?
長男が歩行者天国で少年同士遊んだわけです。
その後、二人ばかり我が家にあそびに来てくれて。

そうしたら、あれ?ベイとランチャーがなくなってる?

実は私も良く分からないベイブレードの世界・・・
でも、次男と対決するために、わたし用にしていたランチャーとコマがない・・・
長男は歩行者天国に持って行ってないんだよねぇ・・・

で、聞いてみたら、お友達が間違って他のお友達にうちのランチャーをあげちゃったみたい。
記名しておいてよかったね!

でも、コマはちょっと行方不明だな。
子供が持っていってなくしたのかな・・・。
ま、木の葉さんのギャラクシーペガシスがあるから、まぁ、いいか!

・・・とはいえ、持ち物がなくなると何となくもやもやした気持ちになります。

いや、別におもちゃなので、買えばいい。
友達に「ある?」と聞くのは疑うようで実に嫌なのです。
ですが、モノを大事にすることも子供には教えたいし、なかなか難しいですよねー。

とりあえず勇気を出してお友達にメールして、探して聞いたので、出てこなかったら諦めるってことで。

・・・ベイブレードのコマは名前を描けないから、管理が難しいものですね。

かといって、600円から1000円以上ってのは昔のベーゴマのような消耗品として考えるには、親としては難しい金額だしね・・・。買おうと思えば買えるんだけど、子供には気軽に扱って欲しくない金額だし。

といろいろ悩ましかったりします。

話は変わりますが、先日、歩行者天国に出かけたとき、保育園の先輩ママにばったり。で、話していたら、うちの子が通う学童保育ではないのですが、お金にまつわるトラブルが発生しているそうで・・・。

例えば、1年生が1000円札を学童に持ってきて、飲み物を買ったらおつりが900円。
それで、「お金が増えたー!」と友達に配っちゃったとか。

また、他の1年生では、突然3000円とか5000円を持参。
セブンイレブンでお菓子を買って他の子に奢ろうとしたとか。

・・・1年生で5000円!!3000円?!
えええっ、我が家とは桁違いですぅ~。

我が家は未だお小遣い渡しておらず。

お年玉は自動的に貯金
必要なものやおもちゃは親と相談して親が購入。

長男がお小遣いほしいなぁという気分もあり。
でも、当面はポイントカード発行してお手伝いポイントを貯めて還元にしょうかと思案中。

・・・と思っていたら4桁にびっくり。

まぁ、うちのは「300円!高いね!」と言う程度なので、まだお小遣いはなしでいいかぁ。

しかしながら、同じ学年で、家族の状況やポリシーにより持ち歩くお金も違う。
また、お金を通じて感じていることも違う。
そして、友達との関わりへの、お金や物品の持ち込み方も違うんですよね。

そんなところで、界隈では違和感やトラブルもあったりするみたい。

我が家は今のところ、深刻な事態には陥ってないんだけど、ちょっと気をつけたほうがいいかもね。

PTAでご一緒した商店街ママさんの話題では、万引き被害のことも問題視されていたし。
子供同士で上限関係が早くもできるのは嫌だし!

子供同士は良くわからないこともあり、とりあえず屈託ないからいいようなものの。

お金の感覚やモノへの感覚をどうしているか、どうしていくか。
これって難しいですよね~。

まぁ、とりあえず、小規模学級のメリットとして親子みなさんと交流できることがある。
何かあっても、とりあえず相互にやりとりできる人間関係の構築が大事ですね。

なんでもかんでも、学校やらに駆け込むのってどうかって思うし。

まずは子供同士、ちょっと足りないところは親同士。
いろいろやりとりしながら楽しい学校生活にしてあげたいな、って思います!

・・・なんて悩みながら、先日、結婚式二次会前にまた原宿キディランドに行ってしまった。

ベイブレード BB-82 ランダムブースター VOL.5

ベイブレード BB-82 ランダムブースター VOL.5

  • 出版社/メーカー: タカラトミー
  • メディア: おもちゃ&ホビー


これって何がでるかわからないのが楽しみ?

それから、

ベイブレードWBBA限定スタミナ&ディフェンスパーツセット

ベイブレードWBBA限定スタミナ&ディフェンスパーツセット

  • 出版社/メーカー: タカラトミー
  • メディア: おもちゃ&ホビー


これかな?

・・・これはママの趣味の世界?

っていうか性能がよくわかんないし、異素材の買ってみました♪
ディフェンスとスタミナって子供にはわかりにくいんだけどね・・・。

と、ちょっとばかりラインナップが増えたけど、我が家の家訓は以下の通り。
 1.歩行者天国や友達の家には2個だけ持参(ちゃんと覚えておく)
 2.数が多いことを自慢しない、比較しない
 3.友達からもらわない、交換しない
 4.できれば研究してオリジナルコマにする!

おぼろげで、確証もないし、うちの子の事例でもないのだけど、子供同士のこんなやりとりを見たことがあり。

1.(1)俺のベイあげるよ
2.(2)ありがとー
3.(1)あ、俺帰らなくちゃ
4.(2)(3)じゃあねー
5.(3)あれ、僕の○○がない!

・・・横で見ていたら(1)が(2)にあげたベイブレードが(3)のなくなったのと同じだったの。
もしかして、(1)はあげたのを忘れて、(3)のを持ち帰っちゃった?

ドキドキ。

私は子供の頃、折り紙のかけらでもなくなったりすると悲しくて。長男もそんな傾向があるので、我が子のことではないけれど、なんかそういうのを見ると、悲しい気持ちになってしまって。。。

記名ができないし、いくら改造しても間違えやすいから、なんともできないし、親としては、まぁ、なくなったらフォローして、友人同士疑ったりしないで済むようにしたいんだけど、一方で、感覚や世帯状況の差異、くらしや関心、ポリシーの違いが明らかに見えたりするので、板挟みでドキドキする毎日でした。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:育児
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。